久々の面接

最近は事業をされているお客様と一緒に面接をする側に立つことが多い私ですが、今週は面接を受ける側に久々になってきます。

気負うことなく受ける気持ちですが、面接を受けるというのはいつまでたっても緊張するものですね。

面接を受けたのは、大学卒業前に就職活動での面接、32歳の時の転職時の面接、そして独立開業後はドリームゲート(経済産業省後援の起業支援団体)のアドバイザーになったとき以来のことです。

それ以外でも「面接」と名は付いていないけれども実質的に面接だった機会もあります。

それにもまして、日々、お客様に初めてお会いするときなどは面接を受けているようなものです。面接で落ちてしまっては次の業務依頼まで進むことはありません。

面接は日々の業務で常に受けているわけです。
今回も、ベストを尽くして、程よい緊張を保って受けてまいります。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-08 00:23 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31