今週の出来事

26日以降から月末にかけては比較的時間が取りやすい期間です。

今週は予定が入ってない日があったので、事務所で腰を落ち着けてじっくりと仕事に取り掛かろうと考えていましたが、そのような日には朝からたくさんのお電話をいただき、訪問予定が無かった日に結局3~4軒は訪問をするという日が続いております。

深刻な労務トラブルのご相談が一番多かったです。

やはり巷で言われております「モンスター社員」というタイプの従業員による問題が多かったのですが、経営者と意思疎通が出来ない社員が問題となっております。

意思疎通が出来ない原因として、双方の「常識」が異なっている点が垣間見えます。

考えの起点が違うのですから、考えた結果はおのずから違うものです。
お互いの考えを理解できない(理解しようとしない)のです。


そういう場面に立ち会うと、周囲との間に波風を立ててまで自分の権利(利益)ばかり主張する人は、心安らかに幸せになれるのだろうかという思いがいつも浮かんできます。

宗教を勉強したことはないのですが、自己の利益を他者の利益より優先する(人のためより自分のため)という人が救われるという宗教(考え方や哲学)があると聞いたことがありません。

そのようなタイプの人にたまにその疑問をぶつけるようにしてますが、それについての答えはその場ではあまり返ってこないですね。

このような問題に対しては、私としては法律的な側面のみならず、仕事に対する考えやひいては人としての「生き方」に関することを踏まえて考えたいと思っています。
[PR]
by srmurakami | 2010-09-29 22:38 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30