成長

二人の娘の成長が最近楽しいこの頃です。

はやくも4歳になった長女は、かなり話が通じるようになり、もうすぐ2歳になる次女もこの数週間で急に話が通じるようになってきました。

「パンツ(おむつ)持ってきて」というと持ってきたり、自分でたんすから服を持ってきて着ようとしたり、飲み物や食べ物がほしいときははっきりと意思表示できるようになってきました。

そのぶん、魔の二歳で、何かを拒否するときの「いやいや!」も強烈になってきましたけど(笑。

自分が年をとっていき、この世からいなくなることが確実に近づくにつれ、子どもの成長や子どもの未来があることが本当に幸せと思う年齢に私もなってきました。

子どもの未来のためにできることを少しでもやっていきたいと思っています。

自分がおそらくそうであったように、子どもは夢と希望のかたまりであり、可能性のかたまりです。
実績や経験が無い反面、可能性と未来が溢れています。

それが羨ましいですね。


私も子どものころは自分の可能性を信じ、現実にはできないこと、うまくいかないことだらけの中で、自分はこんなものでは終わらない、もっとできるんだと心の底では思っていました。

若気の至りで、自分の力や能力を過信して。
現実はこんなものですけど(笑。

しかしそれは悪いことではなく、自分を信じることは大変よいことだと思います。
自分の娘たちにも、自分のことを信じることを教えたいと思います。

そして、「なにくそ!」という反骨心をもって頑張って生きてもらいたい。


さて、私にもまだしばらく時間(可能性)があるわけで、まだまだ自分が望むような社労士事務所にはなれていないので、「なにくそ!こんなもので終わるものか!」という気概でやっていきましょう。

馬鹿にされたまま終わせずに(別に誰かに馬鹿にされているわけではなく、満足していない自分の心が感じているだけの話です。)
[PR]
by srmurakami | 2011-07-31 00:32 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31