愚考 考え方は色々

政治の停滞は以前からありましたが、日本の以前の状況と今ではかなり違っているので、それが許される状況ではないと思っているのは私だけではないはず。

消費税上げる話題が主となり、それで福祉を守るんだという話になっていますが、先日過去最高を更新したと報道があった国の借金を減らす話はとんと出ないのが不思議でなりません。

消費税を10%にして国の借金が減りますか?このまま増やすんですか?
消費税20%なら減らせるんですか?

増税した分で福祉の増加分をまかない、増税感を紛らわせるために一部福祉をさらに充実させるのに使い、国の借金はこのまま増やすのでしょうか。

いわずもがな借金は利息も付けて返さないといけないので、それがどんどん支出に占める割合が増えれば、福祉に回す金がさらに無くなり、さらに増税へ向かわざるを得ません。

今のうちに1000兆近い借金を半分に減らすとか、せめて300兆くらい減らすとかの計画は立てないのだろうか。

将来へつけを回して、今の福祉を維持するためだけの増税をしても未来は少しも明るくなりません。
子ども達が可哀想で仕方ありません。

増税して、さらに公務員の人件費はもちろん、年金などの支出も削らなければ借金は減らせないと思うのですが、他に方法はあるのでしょうか。

国が今の借金を背負って、今の福祉を維持するのは増税しても出来ないと勝手に思っています。
国債の一般会計と特別会計間のむずかしいやり取りは考えず、シンプルに考えて、支出90兆以上、税収40兆程度、借金1000兆で、仮に税収が20兆増えたとしてもどれだけ借金は減らせるのでしょう。

支出も減らさんとできんでしょ。
今後の人口減、少子高齢化の加速も考えて。

国債暴落して、ハイパーインフレになって、借金が相対的に軽くなる一方(国債の新規発行の利息は払えないほどになり国債発行がしにくくなりますが)、国民の財産もパーになるという荒療治を思い浮かべる人は少なくないはず。
国民が長年築き上げた財産と国の借金の相殺で、日本は振り出しに戻るのでしょうか。
(まだ国民の財産が国の借金を上回っているそうなので、今なら清算できます。(笑 )

そんなことしないだろうと国を信用している人が多いでしょうけど、最近の政治を見ていたら信じられなくなる思いです。

財務省も神経質になってきて、信用が落ちて国債が下落する(利率が上昇する)ということを言わなくなったという話がまことしやかに流れる昨今です。


しかし、政治の愚痴を言っても詮無き事、詮無き事。

国民が選んだ道が、自分たちをその道の行く末に導いているだけだから。
[PR]
by srmurakami | 2012-05-17 22:19 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31