積雪と助成金

なんともちぐはぐなタイトルですが、全く以って内容もちぐはぐなものです。ただ散文的に並べて書いただけで、そぐわないものをならべてみたら新しい何かを見つけれるかと、柄にも無く少々文学的に考えてみましたが単にちぐはぐで違和感があるだけですねぇ。

さて、天気予報どおり雪が降り積もってまいりました。雪には何度泣かされたことか分りません。このブログにも書きましたが昨年の冬の雪では水道が止まって何日も困りました。
昨年の大晦日から今年の正月にかけての雪では帰省の時間が普段の何倍もかかってしまいました。
きっと明日はチェーン無しでは車を動かせないでしょう。明日の朝起きたときの雪景色は楽しみですが、その後のことを考えるとちょっと憂鬱になります。新潟のことを考えれば愚痴も言えませんが・・。

さて、話は変わりまして助成金の話ですが、先日より雇用能力開発機構の助成金について山口センターの担当の方と受給について相談をしていたのですが、結論として手続は可能との返事を頂くことが出来ましたので、申請へ向けて計画書内容を書いております。
その事を考えながら助成金一般のことを考えておりました。今までの私の経験から申しますと、助成金というものを起業される方はもちろん、事業を経営する方々は知らないことが多いということです。もちろん“本業”とは関係ないことなのであまり関心が無い方も多いのは仕方ないですし、助成金の存在自体を宣伝しているわけではないので仕方ないかと思います。

ただ、知っている人だけが利用できて知らない人は利用できないという現状ははなはだ可笑しいと思います。商売は情報量により勝負が決まる時代ですが、情報量が多すぎて必要な情報を必要な時に必要なだけ探し出すのは一苦労です。また、情報の信頼性・質の問題もありますし、また情報量が多くて必要な情報を得るための時間の問題まで発生しているのが現状です。

そういった世の中で、専門家として私たちは適切な情報を提供し、皆様の利便性を向上できたらと考えて業務を致しております。また、そのための自分の保有する情報の更新も常に気をつけておかなければなりません。

「アウトソーシング」と一言で言えることですが、皆時間が無い中で、人の時間まで自分の時間として使えるのが『アウトソーシング』です。宣伝になりますが、ぜひその必要がある方には私どもを活用していただきたいと思います。
私自身もアウトソーシングしたいなという時もあります(笑。自分のやり方でやらないと納得できない性分なのでなかなか出来ないですね(笑。

長文になりました。ここまでお読みいただいた方には感謝いたします。ではまた。

Murakami Roumu Keiei Jimusyo
[PR]
by srmurakami | 2005-01-31 23:18 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30