さて、夢は…

昨日、お会いした方と話をしていて、「夢」の話が出ました。

寝ているときに見る夢じゃないですよ。
遠いか、近いか、人それぞれですが、将来あるべき姿(状況)、なりたい姿(状況)のことです。

山口県一の社労士事務所になりたくないですか?
日本一の社労士事務所になりたくないですか?

それらの質問に、はい、という答えはついぞ出ず、単に大きな事務所にしたいということには違和感を感じるだけで、改めて自分でそうじゃないんだなと認識しました。

私の夢は、私がそうなりたいと思うとおりのサービス提供ができる事務所にしたいという、この一点だけです。

最新のICTを駆使したサービスでもなく、膨大な専門知識を振りかざすものでもなく、ただ、お客さんに心地よく思ってもらえるような、ホスピタリティのある、ありふれた、しかしそこらへんに簡単に転がっているようなものではないサービスを常時提供できるような事務所になりたいのです。

言葉ではうまく表現できないのですが、そうなることが「夢」なのです。

それは一人ではできず、私を含めて現在4名いる事務所職員全員ができないといけないし、一人だけ欠けてもいけないものなのです。

まずは隗より始めよで、私がまず日々精進しなければなりませんし、みんなにも心がけてもらわないといけません。

約10年前の開業当初はまず生活できるだけの状況になるのが目標でしたが、もともと、こういうサービスをしたいという思いははっきりと持っていました。

社労士や行政書士の枠にはまったものではなく、ほかの業種でも通用できるような、そのようなサービスができるようになりたいと。

まだまだ道途上で、遠い道のりで、完成を見る事ができないかもしれないと思いながらも、ぜひ完成してみてみたいものだと思っています。
[PR]
by srmurakami | 2013-04-05 23:22 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30