ばたばたと…

(下記の記事において、山口県のURLを間違えていました。お詫びして訂正申し上げます。)

先週末の4月12日(金)は、山口県が公募した「緊急雇用基金起業支援型雇用創造事業実施業務に係る公募型プロポーザル」の応募期限でした。

この事業を簡単にご説明しますと、、民間事業者の創意工夫に基づき、地域の産業・雇用振興策に沿った失業者等の雇用・就業機会の創出に資する事業を公募し、採択された事業は山口県からの委託事業として、人件費などの委託料が出るようになります。
事業期間は契約~来年3月末まで。

応募できるのは原則として起業後10年以内の企業で、営利企業(株式会社等)・非営利企業(NPO等)を問いません(10年超の企業でも特例はあります。)
事業内容は県の施策に沿った事業内容で、分野の指定があります。

国から配分された予算は4億9,750万円あり、採択された事業の中から評価点数が高い順に予算が配分されます。

趣旨は違いますが同様の基金事業を厚生労働省が以前から実施しており、今回の事業が新たに始まりました。

詳しくは下記の山口県のホームページをご覧ください。
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15900/koyou/proposal.html

これが、山口県から3月中旬に公表され、説明会が3月26日、それで応募期限が4月12日とかなり駆け足の日程で、日ごろの顧問先さんからの様々なご相談を受けつつ、就業規則作成・改正などのご依頼をこなしつつ、新たなお客様からの様々なご相談に応じつつ、皆さんにこの件をご案内して、ご相談とご依頼があった事業主さんと打ち合わせをして申請書を作成して申請ということとなり、ばたばたでした。


うちでは3社4事業(+私の会社の事業1件)の申請についてお手伝いさせていただきましたが、全体でどれくらい申請があったものでしょうか。
11日までの申請はまばらで、12日が大変な量とお聞きしましたので、1時間平均5件×8時間=40~50件で、+20~30件くらいでしょうか。100件は無いのではないかと考えています。
(案外、すごい件数だったりするかも。)

行政の意向(施策)とマッチングするかどうかですが、結果を待ちたいと思います。


なお、規模はこの山口県の10分の1ですが、全く同様の事業を山口市(及び各市)が募集しており、まだ応募期限までには余裕があります。

山口市の場合、下記のホームページをご覧ください。
山口県の場合と違って事業分野が限定されています。

http://www.city.yamaguchi.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=7959


ご参考まで。
[PR]
by srmurakami | 2013-04-14 14:41 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31