事務所の経営について

昨日は、中小企業同友会の勉強会で“経営理念”について勉強し、今日はセミナーで営業(広告)についての勉強をしました。

こういった勉強会は仕事を続けていく上で必要はないのかもしれませんが、会社として事務所を維持し発展させるには必要なことだと受けた後に実感しております。

忙しくて、つい「この時間があればあの仕事やこの仕事がこなせる・・・」と考えてしまいがちですが、そういった勉強をしていなければ、近い将来又は遠い未来か、いつになるか分りませんが事業が落とし穴にはまって継続できなるのではないかと思います。

効率よく“落とし穴”にはまる被害を避けるには、はまる直前になって気づいたり、はまった後にようやく気づくよりよっぽどあらかじめ避ける努力をした方が効率的になるはずです。はまらないにこした事はありませんし、事業の発展のための鍵を教えてもらえることもあるのですから、こういった勉強はいつでも必要だと思います。


社会保険労務士や行政書士などの士業は固くて安定した業界だと思っておられる方も多いかもしれませんが、士業も事業であり、やっていけなくて倒産(廃業)する人も全国には数え切れないほどいます。その中で、事業を継続するためには何が必要かを常に考えておかなければいけません。

この努力を怠る経営者は、士業に限りませんが、いつ何時事業を廃止する憂き目に会うか分りません。セミナーではなくても何らかの方法で勉強は常に必要になります。

何かと経営者って忙しいですねぇ。
[PR]
by srmurakami | 2005-04-16 18:20 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30