一張羅のスーツが・・・

今日は長女の入学式があり、仕事を抜け出して出席させていただいておりました。

それも午前中に終わり、午後は内勤後に夕方から確定拠出年金の説明会をさせていただいたのですが、夜自宅に戻りスーツを脱いでみるとズボンの後ろに生地が傷んで薄くなって穴のように見える箇所ができているのを発見してしまいました。。。

入学式に着ていくくらい気に入っていて持っているスーツの中でも一番値が張るスーツだったのですが、無残に穴が。

私の場合、スーツが駄目になるパターンで一番多いケースはシートベルト等でこすれて生地が光るようになる場合で、二番目に多いのが今回のようにズボンに穴が開くケースです。

原因は、私が二つ折りの財布を後ろポケットに入れるからです。
しかもレシートやら小銭やらカードやらしこたま入れて膨らんだ財布なので、座ったりするときに生地に負担がどうしてもかかり、そこが破けてしまうのです。

長財布にするのも夏場は上着を着ることが少なく、手提げかばんも持ち歩く習慣が無い私には少し無理があり、ついつい今回のような悲劇を繰り返してしまいます。

春夏の薄手のスーツがよくこの被害にあってしまいます。


折角の長女の晴れの機会にこのようなことになっていたので、少々、落ち込み気味なこの頃です。
[PR]
by srmurakami | 2014-04-09 22:06 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30