落ち込むときは落ち込むべし

仕事をしているとうまくいかないときがありますよね。

そういう時は落ち込むのが普通ですが、私の場合は仕事はうまくいっている時でも落ち込むことがあります。

今日のことではありませんが、昨日は少々凹んでいました。

人との話し合いの特定のとあるとき(???)では、どうしてもその時の相手の考えの流れ・持って行こうとしている結論を推測して、話ではその都度適切な言葉を選び、その言葉がどのように相手の考えに影響するかを考えるだけではなく、それ以外の話し方・姿勢・目線・資料の見せ方等々を含めて相手に対する影響を慎重に考えながら、神経をすり減らして話さなければならないときがどうしてもあります。

そういった時というのは、簡単に言えば演技しているような感覚になるんですよね。
演技といっても嘘を言っているわけでは決してありませんので、その点は誤解ないようにお願いします。
ありのままの事実を話しているだけなのです。
ただ、話し方、話の流し方の問題なのです。

でも、自分ではない自分を見せているみたいで、嫌な気分を感じ、凹みます。
情けないような感覚もします。
それを意識的にしようとしていないのに、ついしてしまう自分が嫌いなのです。

まぁ、それが自分なんだと言ってしまえばそれで終わる話なんですけどね(笑。

どうでもよい自分のよた話でした。
今日はもう復活してますし(笑。



[PR]
by srmurakami | 2016-02-25 18:58 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31