年度更新、、、

ご存じない方もいらっしゃると思いますので説明しますと、労働保険(労災保険と雇用保険)の保険料を計算して申告することを「(労働保険料の)年度更新」といいます。

それを毎年61日~710日の間に行うのが原則で、我々社会保険労務士のいわゆる繁忙期になります。


通常業務(相談、入社退社の手続、給与計算など)をしながらさらに結構時間が必要となる年度更新をするとなると、私も職員も忙しくなります。


所長である私も手続業務である年度更新をするのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、保険料計算の基となる4月分~翌年3月分までの賃金の集計や申告の下書きまで職員が行い、私がそれをすべてチェックしています。


お客様に代わり、私の名前で申告を代行するわけですから、職員だけでやって私が見もせずに申告するわけにはいかないので、すべてチェックしてます。

間違いが無いか入念に一軒一軒チェックしますので、少々時間がかかります。

なお、入社・退社等の社会保険や雇用保険の手続業務もうちの事務所ではすべて私がチェックをしています。


さすがにすべての手続を覚えきれるものではないので、お尋ねいただいてもうる覚えか、覚えていないこともあると思いますが、届け出内容については全てチェックをしています。

ということで、日常は相談業務や就業規則をメインに仕事をしている私ですが、事務的な手続きである年度更新時期は、私もフル回転です。


[PR]
by srmurakami | 2017-06-09 18:48 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31