仕事の紹介(長文をお許し下さい。)

先日、交流会に出席した時に自己紹介で自分の仕事を紹介した際にも思ったのですが、なかなか私の仕事のことを知らない方に紹介するのは難しいです。
参考までに、現在私が社会保険労務士&行政書士としてどういう仕事を具体的にしているのかをあらためてご紹介してみたいと思います。


現在、行政書士として、以前お受けした社会福祉法人の設立のお手伝いを継続してしており、山口県や山口市の担当部署とのやり取りや書類作成をしています。また、中間法人の設立や、株式会社の設立もお手伝いしています。建設業の許可の経営事項審査や来年2月前後に控えている山口県や山口市の入札参加資格申請手続の準備などもしています。


また、ある案件で事業の立ち上げの際の法人設立相談(どういった形態が良いのか)&事業収支計画書の作成なども継続して受任している案件があります。
こういう法人設立の仕事の際は通常その後の社会保険加入・労働保険加入や助成金手続の仕事も付属することが多いのですが、この辺は行政書士ではなく社会保険労務士の仕事です。


この他に最近電話で相談があったのが介護保険施設の事業所の立ち上げ(法人設立を含む)や相続の手続(遺産分割協議書等)などがありましたが、具体的な依頼にまで発展していません。でも、正式依頼があればこういった手続きもしています。車の個人売買に伴う車庫証明&陸運局での登録手続きといった電話での依頼もありましたが、さすがに手一杯で、専業でされている行政書士の事務所を紹介させていただきました。

今は受任している仕事はありませんが、産業廃棄物収集運搬許可の手続きや古物商許可の手続、農地転用の手続き、医療機関の立ち上げ時の保健所・社会保険事務局への届出などもしばしばお受けしております。


このように書いているとうちの事務所は行政書士の仕事がメインみたいに思われると困るのですが、私の考えでは、行政書士の仕事も一時的にお客さんにとって大変重要なのですが、行政書士の仕事の後の会社の運営の方が大事と思っているので、どちらかと言えば社会保険労務士の仕事(&経営相談)を重視しています。行政書士の仕事の後を見越した視点にたっての行政書士の業務の受けかたをするというのが、うちの事務所の行政書士の仕事の方針でもあります。


私の仕事スタンスとしては、社会保険労務士としての仕事が通常業務であり、労務管理の相談を受けたり、給与計算したり、労働保険・社会保険の資格取得手続、育児休業時の手続をしたりしています。

今日も雇用保険の資格取得3件をハローワークでしたり、顧問先の派遣をしている会社の労働局職業安定課の方の調査の立会いなどをしました。
この直近の1ヶ月ちょっとの間には、職員採用の面接に立ち会ったり、その際に性格診断テストを実施してその診断結果を作成して提供したり、採用通知や不採用通知の様式を提供したり、賞与の社会保険料の計算をしてあげたり、賞与支払届を作成&届出したり、社会保険事務所の事業所調査を受けたり、就業規則を作成したり、解雇予告除外認定の事前相談と届出後の相談を受けたり、高年齢者の継続雇用の就業規則変更や給与体系の相談を受けたり、労災の療養給付や休業補償給付の申請手続をしたり、労災特別加入の相談や手続をしたり、うちの労働保険事務組合の委託・加入手続を3軒ほどしたり、給与計算をしたりしてます。(他にも沢山あるのですが、これ以上はいいでしょう…)

こういった会社の日常業務の運営をサポートしているのがメインと考えています。


色々書くとますます混乱される方も多いと思うのでこれで止めようと思いますが、私にとって行政書士業務も社会保険労務士業務も「会社のサポート」として一括りで考えていますので、その垣根は低いです。
通常業務は社会保険労務士としても、単発の行政書士業務も当然ながら全力で色々な経験と知識をフル動員してこなしていますので、ご依頼の方はご安心下さい。


このように色々書いてもその業界の方で無いとわからない部分も多いと思いますので、とりあえず社会保険労務士や行政書士は「会社の運営をサポートするところ」と思っていただいて、色々とご相談いただければ、自分で出来ない部分は専門士業に振りますので、お気軽に何でもご相談いただければと思います。

長くなりました。それではまた。。。
[PR]
by srmurakami | 2006-12-20 00:48 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30