映画鑑賞

1~2年前くらいから映画鑑賞に夫婦で行く機会ができるようになりました。大画面のスクリーンで観たい映画が封切になったのがきっかけでした。

そのうち地デジ放送開始の影響でTVを買いなおしたのを機にDVDで以前の映画作品を鑑賞したいと思うようになり、宅配・郵送でのDVDレンタル(ツタヤ)を始めました(ダウンロードでないところが渋い?)。DVDだと自由に時間が取れるときに観れるという長所があり、しかも月に8本で2千円弱という定額制なのですが、もったいなくて無理にでも観ようとするのでかなりの映画本数を観るようになってしまいました。

料金は店舗でのDVDレンタルより少々割高かもしれませんが、過去の映画の検索のしやすさや予約のしやすさ、店舗に足を運ばなくて良いというメリットもあり気に入っています。

ただ、発送が大阪なので来る時は宅配便、返す時は郵便でやると片道2~3日というタイムラグがあるという短所があります。


最近のことですが、私が観たDVDの作品が1~2ヶ月後にTVで放映されるということがありました。(ミリオンダラーベイビーやデイアフタートゥモローなど)
少し前の映画でちょっと良かったと思った作品ばかりだったので、テレビ局の映画購入担当者とも感性が同じなのかなとちょっと嬉しかったです。

エビボクサーも一時期話題になっていましたが、実際に観ると人間ドラマが描かれていて意外な面白さでした。あのエビにも笑いました(笑。

あと、どちらかと言えばヨーロッパ映画より典型的なアメリカ映画が何も考えなくてすきなのですが、あまり見ていなかった分野では、恋愛物ではない韓国映画にも意外に面白いものがありました。

月8本×12ヶ月で年間96本の映画を観続けたらかなりの映画通になるかも(笑。既に以前よりは映画を観る目が肥えてきた気がします。パターン化された映画は観る気がしなくなってきました。

ただ、最近将来のための自己投資に時間とお金を使うことがことを始めたので、DVDは暫くしたら観れなくなるかも。でももう少し観続けたいものです。
[PR]
by srmurakami | 2006-12-23 00:13 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31