電話応対

うちの事務所にも当然ながら毎日電話がかかります。

今日は、朝7時すぎにクライアントからの電話で始まり、夜も日によっては夜8時~9時にかかってくることがあります。

日中も1時間~2時間おきにかかることが多く、また私もそれに応対したり、予定を打診したりするので1日に何回もかけます。

今日、着信履歴と発信履歴を見るとそれぞれ16回着信(家族を除く)、8回発信していました。約12時間弱の間に24回ですから、1時間に2回着信&発信しています。

1回当りの電話時間もあるわけですから、ちょっとこれ以上業務中に電話がかかってくるのは支障が発生するのではと考えています。

着信の相手電話番号がわかるようにしているので、クライアントとの相談中の時に着信があると、用件の予想が着く場合に電話に出たいけど出れないといったこともあります。

これから電話応対も慎重にしないと、クライアントに不快感を与えすぎることが懸念されます。電話番を置くメリット・デメリットと、私が直接出て迅速に対応するメリット・デメリットの比較を考えないといけないのですが、今くらいならまだ直接でたほうがメリットがあると考えています。しかし、これ以上どんどん増えるなら電話番が必要かなと思っています。

少々、思案中です。
[PR]
by srmurakami | 2007-01-18 01:28 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31