若手の行政書士

先ほど山口県行政書士会の山口支部理事会から帰ってきました。

そこで色々と話をしていたのですが、一つの話題として若手の行政書士開業が少ないということが話題に上がっていました。

山口支部でも、毎年、行政書士として開業する方は結構いるのですが、最近は行政職を退職してからの開業が多く、試験合格後開業する30代~40代くらいの行政書士が確かに少ないです。

開業しても兼業の方のケースが多く、行政書士会運営にかかわってこようという方が少ないと思います。かく言う私も兼業組ですが…。

行政書士試験合格率が2~3%の低合格率では山口県内の合格者数さえ少なく、開業する方は更に少ない状況なので当然かもしれません。行政書士試験も昨年から変化したり、合格率も私の合格した平成11年で4.29%、平成14年なんかはなんと19.23%、平成17年は2.62%と激変しており、難化傾向にあるみたいです。(詳しくはこちら

開業しても行政書士だけでやっていくには厳しすぎる現状もあります。(本の出版等で有名な丸山先生の開業支援HPアドレス http://www.marujimu.biz/ 個人のホームページなので直リンクはしておりませんのでコピーしてください。)

私も大変な経験をしましたが、もし今後行政書士のみならず、社会保険労務士等で開業する方がいましたら、山口県内・県外の方を問わず当面は私で良かったら相談にのりたいと思いますのでご相談ください。

どこまで相談に乗ることが出来るかわかりませんが、私の経験してきたことくらいでしたらお答えできますので、メールでご相談ください(私の事務所ホームページにメルアドは記載)。

ただし、さすがに電話での相談はお受けしかねます。面談でのご相談は要アポということでお願いします。


この支援を商売にするつもりは一切ありませんので、もちろん費用は無料です。しかし、私の仕事時間の都合上、レスポンスが遅くても待てる気が長い人でなければ不可ということにしてください(笑。クライアントに迷惑かけるわけにはいかないので、仕事を優先させます。

宜しくお願いします。
[PR]
by srmurakami | 2007-01-25 19:04 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31