労働保険事務組合

昨日の4月10日で労働保険事務組合委託分の労働保険料年度更新のための賃金報告等が終了しました。

私は、「山口SR経営労務センター」という開業社会保険労務士が中心になっている労働保険事務組合の一員です。

労働保険事務組合とは、労働保険の事務委託をしている組合員(事業主)からなる団体で、この労働保険事務組合に労働保険の事務を委託することにより、労働保険料の額に関わらず3分割での納付が可能になったり、本来は労災保険に加入できない事業主(個人事業主や法人の役員)やその家族が労災保険に加入できる「特別加入」が可能になったりするメリットがあります。

事業主(個人事業主や法人の役員)は、業務上で災害を受けても労災は適用になりませんので、医療費が過大になったり休業補償がなかったりしたら生活が大変になります。

その時のために、特別加入は低い保険料でいくら医療費がかかっても全額補償されますので、加入をお勧めしております。

うちでも特別加入などの労働保険事務組合への委託を承っております。
事業主の方はぜひ一度ご検討を。
[PR]
by srmurakami | 2007-04-11 19:32 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31