社労士の名札、襟章を見たことはありますか?

社会保険労務士(略して社労士、又は労務士)という資格をご存じない方も沢山いらっしゃることかと思います。

社会保険事務所やハローワークに行くことがある方はそこで社労士を見かけることがあるかもしれませんが、社労士の襟章(金色に輝いている襟章なので付けていれば目立つとは思います)や名札を付けていない社労士もいますので、社労士を見かけても普通の会社の総務の方が手続してるのとなんら変わらない光景です。

かくいう私も襟章も名札も付けていないので、見かける人がいても何をしている人かわからないと思います。

県の社労士会は名札付けを勧めているのですが、浸透はしていないように(個人的には)思っています。

そういえば、税理士の方や司法書士の方も付けているのをあまり見かけることは無いように思います。いつも付けているのは弁護士くらい?行政書士も付けている方の割合は社労士と変わらないくらいではないでしょうか。


そうはいっても、この仕事の宣伝にもなりますから、今日、社労士会に寄った時に名札作成をようやくお願いしてきたので、作成したら各役所では付けようと思っています。

私も開業以来、この仕事に対する認知度を上げることが出来るように今までメディア媒体で出ることが出来る機会があれば、出来る限り出るようにはしています。業界の知名度アップ・発展は当事務所にも当然寄与するところが大きいと信じております。

うちの事務所は幹線沿いの立地を選んで入居しました。社労士などは飛び込みの客が多くない(というか、まずありえない)のにあえてそうした理由は、交通の便が良いということと、道沿いの看板にも事務所名ではなく“社会保険労務士”と“行政書士”と職名のみ掲げて、少しでも見る人や興味を持つ人がいれば知名度アップにつながるのではと思って、そうしました。

山口県内の他の地域に比べても特に山口市の社労士事務所は奥まったところにあることが多いと思いますので、多少なりとも出張った方が良いかと思っていました。

しかし、社労士の名前の知名度が上がっても社労士が社会保険や労働保険の手続だけをしている人と思われても困るので、それ以外の仕事の内容のPRも考えて、宣伝していきたいと思っております。
[PR]
by srmurakami | 2007-05-15 20:43 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30