とんでもない事務所

っていっても一応うちの事務所のことではありません(笑

ある会社さんの社会保険の手続のことですが、今までは給与計算とともに社会保険の手続も県外の税理士事務所が全部やっていたとのこと。それがどうもはちゃめちゃの様です。

まず、給与から控除している社会保険料が料額表に記載が無い!どこからこの金額は来たのかと首を傾げざるをえない。考えられるのは随分昔の健康保険料率や厚生年金保険料率が変更になる前のものであるか、若しくは適当なのか。

最近は毎年変更になる厚生年金保険料だけではなく、健康保険料も随分間違っていたので、おそらく後者か。


月額変更届も算定基礎届もあきれるほど間違いだらけの模様。
(細かいことを言えば、退職日と資格喪失日を全部同日で提出して、全部社会保険事務所に訂正されているという初歩的なミスまでしている!)


だいたい税理士事務所が社会保険・労働保険の手続をすること自体が違法です。当然、社会保険労務士に依頼するか、自社の事務員がするかしかありません。

しかもこんなに間違いだらけでは当然責任もってやっていたとは言えません。こんなにいいかげんな手続と給与計算は初めてみました。

税理士事務所が給与計算している場合、たまに社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)の月額変更の時期が間違っていたり、社会保険料関係のところが間違っていることがたまにあるのですが、その辺はやはり専門分野としている社会保険労務士にお聞き願えたらと切に思います。

この税理士事務所は他でもこういうことをして、害悪を社会に与えていないかちょっと不安になるような事例でした。

あれはひどい。
[PR]
by srmurakami | 2007-11-27 16:48 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31