一言が足りない。

最近特に増えてきたように思うのですが、うちのホームページを見て士業相手に商売をしている会社や電話関係の代理店会社から頻繁と言ってよいほどセールスの電話があります。

その類の大抵の電話では、私が責任者であることをまず確認して、すぐに滔滔とセールスの話をしてきます。

電話は考え事をしているときや、忙しくしているときでも唐突にかかってきて、滔滔と自分の会社の商品・サービスのメリットの話をしてきます。

書類見ながらなら説明しやすいことを全部電話の説明でしようとするんですよ。忙しいときは「要りません!」とすぐに電話を切りたいくらいの内容です。

今日もそのような電話が2件ありましたが、電話する際はまずセールスの話を5分も聞く時間があるかどうか、興味が少しでもあるのかの確認する事が必要じゃないないのか?と憤りを感じます。
そのようにトークのマニュアルを見直してもらいたい。


ついつい短気な私は怒り口調で話の途中で切るようにしてしまうので、私が悪者になったような気分になり嫌になります。怒らずに優しく断れば良いだけなので、やはり私が悪いのか。


それが仕事といえ、マナーも守ってくれないセールスの電話に幾ら魅力的なセールスの商品・サービスの話があろうと私は購入しません。

今すぐに必要の無いセールスの話を5分聞くくらいなら、お待ちしていただいているお客さんの仕事を仕事中は集中してやりたいのです。いくら自分に有利な情報の提供であっても(といっても、電話代が安くなるとか、士業の営業のためのツールとかの宣伝ばかりですが。)。


うちの職員が居るときは原則として私は留守になっています。セールスの方はお気をつけください。


人間が小さい、小さい…(恥
[PR]
by srmurakami | 2008-06-05 18:16 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30