あれよ、あれよと…。

ちょっと前に社労士会の支部長さんからお電話がありました。

「中小企業労働契約支援アドバイザー」になってくれないかというお話しで、色々と頼まれることを気軽に受けている私は、「他に受ける人がいないのであればいいですよ」、ということで気軽にお話を受けました。

労務管理に関する講演を今までしたことがあるか、社労士損害賠償責任保険に加入しているか、などの任命要件にも私は合致していました。

支部長さんの話ではそんなに定期的な勤務というわけではないので時間を拘束されることが無く、依頼があれば動く程度の仕事というニュアンスだったので、今回も県なのか国なのか等どこの団体からの依頼・内容・報酬の有無も確認せずに気軽に受けました。


それが、後日、県内の中小企業労働契約支援アドバイザーが集まって会議をするという通知が社労士会からあったので、行ってきたのですが、そこでようやくしなければいけない仕事の内容が分かりました。


実はこの「中小企業労働契約支援アドバイザー」は厚生労働省の委託事業で全国社会保険労務士会連合会と都道府県社会保険労務士会が受けた「中小企業労働契約支援事業」の仕事でした。

つまり私が所属している団体からの仕事なのです。


そして、私の仕事の一つは山口市の地区で10人以上の企業の経営者・総務担当者を集めた説明会・個別相談会を企画・実施することでした。

人数から考えればそう難しくないものですが、日程・場所決め、案内・集客、実施・報告となると結構な業務量です。


気軽に受けすぎた…。


ということで、商工会議所さんに連絡を取ったりして暫くどうしようかと考えていたのですが、昨日、山口県社労士会の理事の方から電話があり、ぼやぼやしていたらこりゃいかんということで午後の2時間ばかりを割いて速攻で開催日時・場所を決めてきました。


他の地区も採用した方法ですが、あるところが開催する研修会の一部に組み込んでもらうようにしました。


もしかしたら100人を超える参加者がいるかもしれないのですが、緊張せずに説明会を実施しないといけないと今から緊張しております(笑。


でも、これも勉強です。
[PR]
by srmurakami | 2008-09-13 11:13 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30