逼迫感

先日、ETCマイレージサービスからポイントが上限まで到達したので自動還元したというメールが来ました。

ETCを付けてから還元が何回目か忘れましたが、1000ポイントで8000円の還元でその分だけ無料で利用できます。
ちょっとした得をした気分ですね。

50円で1ポイントなので、結局5万円=1000ポイントで8000円が付くのは以前あったハイウェイカードや前払い制度のときと同じ率での還元です。

現在の政府案でも平日の地方での高速道路利用は3割引にするとか言ってますし、民主党も高速道路無料案を出してますし、今後ますます利用がしやすくなります。私にとっては大変プラスになります。



今日は昼には萩市に行き、夕方事務所に帰って来てすぐに下関市へ行くという久々の長距離コースでしたが、やはり高速道路は非常に便利です。経済活性化のためにもぜひ低料金にしてもらいたいものです。


さて、昨年末には社会保険任意加入の申請、正月明けから経営事項審査、酒類小売免許、建設業許可の申請に続き、20日には医療法人設立申請も終え、あとは審査中での対応と許可が下りるのを待つ状態の仕事が増えてきました。


社会保険任意加入は事業所調査立会いも終え保険証も届き無事完了し、建設業許可も営業所調査立会いを終え、経営事項審査は明日面接審査があり、酒類小売免許は税務署へ追加書類を提出したりして、着々と完了待ちが増えて仕事のプレッシャーから徐々に解放されてきました。

嬉しいの一言!


そういう短期集中業務に携わりながら次の短期業務のお話も舞い込みつつ、毎月の給与計算・手続業務をこなし、労務管理に関する相談や就業規則に関する相談、経営全般に関する相談を受け、今年からの新規顧問先は既に2件増えることが決まり定期業務も着実に増えつつあるので事務所の現体制ではちょっと逼迫感を感じるようになりました。

年末年始が忙しかったせいでそう感じるのか、一時的な短期業務の集中のせいであれば良いのですが、今後も続くようであれば今年も事務所の体制を変更する必要があるのかなと思っています。

2年前に初めて職員を雇い、昨年もう一人の職員を雇い、事務所の仕事を徐々に私から事務所全体の業務へと移行してきていますが、更にそれを進める必要があるのかなと考えています。

今日は雑談したお客さんから将来の夢のあるお話をお聞きし、事務所の体制を2倍にも3倍にもしないといけないなと浮かれつつ、1件1件こつこつ型の仕事を目指すことが改めて大事だなと気を戻して今年は11ヶ月とあと少し頑張ろうと思います。


でも先に夢があるってそれだけで心が明るくなります。それが結果として実現しなくても。

こういうことが分かりませんか?麻生首相。

国民に夢を見せられないのであれば…。
[PR]
by srmurakami | 2009-01-22 00:01 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30