法人設立のはなし

法人設立の相談を受けることがよくあります。近い将来は今の「有限会社」が株式会社と一本化されたり、新しく「合同会社」が設立できるようになったりするので、会社組織も今とは違ってくることでしょう。

こういった法人の種類も設立の際には検討しなければならないことですが、それ以外にも消費税の課税事業者に関する問題や、法人税・個人の所得税の関係もありますので設立の時期、及び起業の際には上記の問題や助成金の手続なども念頭に入れて設立を進めることになります。これらの検討事項もありますので、余裕をもって設立を検討され、ご相談されることをお勧めします。拙速な行動は良い結果をもたらしません。

また、今年度中から社会保険事務所が、法人などの強制適用事業所で社会保険に加入していない事業所には職権で加入させていくようにするといった話になっています。法人成りをされる際には社会保険の加入も念頭に入れて検討されるようにして下さい。原則として法人になると取締役一人の会社でも社会保険に加入しなければなりません。 村上労務経営事務所
[PR]
by srmurakami | 2004-08-01 19:02 | ブログ

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31