紹介された新聞記事です。

今日の毎日新聞さんの朝刊でご紹介していただいた記事です。

インターネット版のURLはこちら
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090704ddlk35040467000c.html


新型インフルエンザ:社会保険労務士団体、小冊子作製 /山口
 ◇対処法や労務管理など紹介
 全国の社会保険労務士でつくる「リーガルネットワーク」が、経営者や企業の担当者に向け、新型インフルエンザの患者が身近に出た際の労務管理の方法を紹介する小冊子を作製した。県内の相談窓口の連絡先などを盛り込んだ山口版は、山口市の村上智宏さん(38)が担当。希望者に無料配布している。

 A5判28ページ。新型と季節性インフルエンザの症状の違いや予防のポイントなどを挙げ、具体的な質問に答える形で対処法を紹介。主なものは、▽使用者は法的に感染防止を講じる必要がある▽課長か部長級の担当者を設ける▽感染予防のマスク着用を義務づければ、会社は費用負担の必要がある▽社員が帰国時に検疫で隔離された場合、感染症法上の措置なので休業手当の支払いは必要ない--など。

 村上さんは「社員が発症したような場合、風評被害で大きな経営的打撃を受ける可能性もある。事業の存続にもかかわり、事前に対処方法を決めておくことが重要」と話す。問い合わせは、村上労務経営事務所(083・923・2526)。【井上大作】


新聞紙面も全く同じ記事になっております。

小冊子無料配布は継続中です。私のホームページに連絡先が記載されております。

よろしくお願いします。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-04 14:40 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30