カテゴリ:ブログ( 966 )

4年前に戻りましたか?

開業以来、うちには右肩上がりのものがあります。

それは私の、、、、、体重です。

開業以来10Kgは増えたことでしょう。
今まで何度ダイエットに挑戦しては元に戻って、更に加算してきたことか(笑

しかし、45歳を超える年齢になると、太りすぎは色々なところに支障が生じてきます。

ということで、何度目かのダイエットに挑戦し始めたのが2ヶ月くらい前でしょうか。

ダイエットと言っても、間食(好きな甘いもの)を止めて、毎回の食事の量を減らしてしっかりと3食は食べるものです。

結果、2ヶ月で4Kgほど減!

1年に1kgほど太り続けてきたので、4年前くらいの体重に戻ったかもしれません。

私の運転免許証の写真はほぼ5年前くらいのものですが、写真写りがいいと家族にはすこぶる好評な写真で、そこまで戻ってないかもしれませんけど、それに近いものになってきたかなと思います。

目標は70kg!

最近ちょっと気が緩みがちなので気をつけます。







[PR]
by srmurakami | 2016-07-19 23:02 | ブログ | Comments(0)

今さらですか?

どうでもいい雑談ですが、今さらながらたまたま葉加瀬太郎のベスト盤を聞きました。

結構ツボにはまりました。

今まで聞いてなかったのが少し残念です。

クラッシックぽい曲調のものもあり(クラッシックだけど原曲にばりばりアレンジ入れてるような曲)、情熱大陸のテーマソングもあり、朝の連ドラで聞いた曲もありと、少し前のアルバムでしょうけどいい物はいつ聞いてもいいという感じで、気に入りました。

葉加瀬太郎の曲もメニューに増やしていこうと今さらながら思ったのでした。

オチも無く以上です(笑。



[PR]
by srmurakami | 2016-07-11 19:28 | ブログ | Comments(0)

実感してます。

最近の投稿で、事務所にビジネスフォンを導入したということを書きました。

今さらの話で、まだそんなこともしてなかったのと驚かれたことしばしば有り。

さて、そのビジネスフォン導入の最大の目的でもある同時に3本電話がかけられる・かかってくることができるのですが、日常で2本同時に通話はざらで、たまには3本の電話が同時にかかっていることも見ることがあります。

今までどれだけお客さんを始め各所に電話がつながらなくてご迷惑をおかけしていたかを実感してます。

申し訳ありませんでした。

どうしても通話中でかかってこなかった電話は見えていないものだったので、対応が後手に回ったと反省しています。

さて、最近は事務所のエアコン増設や温水器設置など設備投資をしてばかりですが、職員が使用する営業車の1台の買い替えも検討しています。

財布が休まる?暇がありません。

お金は右から左へ流すが基本ですね(笑


[PR]
by srmurakami | 2016-07-08 22:26 | ブログ | Comments(0)

品格について

何とかの品格とか、品格という言葉が出ることが多かった時期がありました。

品格、品性とはなんぞやということと、それは必要なものなのかどうなのかなど、まぁ議論は尽きないところもあるかと思います。

でも、私が一つ考えていることは、どんな仕事でも行きつくところは「人」を相手にしている以上、仕事の上では、経営者を含めて働く人には品格というものが必要な場面が多い(全ての場面でとは敢えて言いません)と思います。

偽装とか不正に関係しますし。

そして、普段は見えにくいかもしれない働く人たちの品格(品性)が露呈しやすい場面が、その人が窮地に陥ったときです。

身近な場面では、仕事の上で失敗が露呈したときなどです。

その時の事後の対応を見れば、その人の品格(品性)がどのレベルにある人か、良く分かる場合が多くあります。

ごまかそうとする人、言い訳する人、人のせいにする人、逆切れして攻撃してくる人(論外)。。。

どれも相手にとっては見苦しく感じるものです。

その仕事を任されている以上、人がどう言おうが、役所の人がどう言おうが、よく確認しきれなかった自分の責任ですし、考えが及ばなかった、時間が取れなかった(若しくは取ろうとしなかった)、能力がなかった、上司・同僚に適切に報連相できなかった等々、全て結論としては自分が悪いとしか言いようがないのです。

簡潔に言えばそういうときは誠実な姿勢を取れる人が、仕事を任せられる品格がある人であり、責任を取れる人です。
(そして、そういう人だけが成長出来る人です。)

責任も取れないような人は仕事も任せられませんし、お客さんにも下に見られて相手をしてもらえまん。

特にうちの仕事などは企業の経営者と話をするような仕事でもあり、品格が無い人柄では相手にされないでしょう。

当然これは自分にも言えることではあるので、人の振り見て我が振り直せではありませんが、気をつけたいと思います。




[PR]
by srmurakami | 2016-07-06 23:02 | ブログ | Comments(0)

気だけは若い人の目標

体力は落ちてきてるとは思いが、40歳代・50歳代は経験が増え働き盛りの世代です。

気だけは若い私も、いわゆる世間一般の定年である60歳まであと14年ありますので、どれだけの仕事ができるかを考えています。

自分一人でできるのは体力的にも時間的にも限度がありますが、やり方というのは色々あるものなので。

13年前には想像もしていなかった現在の状況から、新たな目標(夢)も漠然としていたものが少しずつですが自分の中では現実味を帯びて感じられるようになってきました。

できるのであれば5年以内というのも考えていますが、いけいけどんどんタイプではない私ではなかなか進まんでしょう(笑。

その目標はまだ現実味が少し足りないので公表は誰にもしていません。
まだじっくりと自分の中で育成するのに時間がかかります。(よく練るということ)

実行段階まで持ってこれれば公表しますが、ぽしゃる可能性も高いので、一生公表しないかもしれません(笑





[PR]
by srmurakami | 2016-07-05 22:53 | ブログ | Comments(0)

14回目の7月

私は、今年の夏で山口の夏は14回目です。

小学校から大学まで過ごした大阪での時間をもう少しで山口で過ごした時間が超えそうです。

先月の平成28年6月30日で、私がこの仕事を開業して満13年が経ちました。

当時32歳。
若い!
今の私からしたら32歳ってまだ何もできない若造のイメージがあります。

おやじですね~(笑

社会保険労務士ってどんな仕事?住んだこともない、知り合いもゼロのところで開業してやっていけるの?ということで家族を含めて関係者のみなさんに不安を与えてしまっていましたが、みなさんのおかげでどうにかこうにかやってます。

経営は軌道に乗ったと言っていいと思います。

今後もお役に立てる事務所を目指し、更なる事務所力の向上をしたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。





[PR]
by srmurakami | 2016-07-02 07:22 | ブログ | Comments(0)

「水軍」か「海賊」か

今日の日経新聞の中国経済紙面に『「村上海賊」で観光一丸』という記事がありました。

今年の4月に日本遺産に「日本最大の海賊」として認定されたそうで、観光誘致に広島と愛媛が共同で取り組むという記事でした。

村上海賊は、3つに分かれていて、能島村上と来島村上、そして因島村上です。
私は因島出身で因島村上の流れを汲む者です。

能島村上は秀吉にたてついて後に毛利氏の家臣となり山口県の周防大島に移り、因島村上も毛利氏の家臣となり現在の山口県の防府市で船方になりました。
(ということで、広島生まれ、大阪育ちの私も山口県に縁もゆかりも無いわけではないのかな。)
領地を減らされた毛利氏のもとで苦労し、出身の島に戻った者も多かったとされています。

残りの来島村上は、海から遠ざけられ、九州の山間地の「森藩」になりました。
海から遠ざけられましたが、大名になれたわけですから恵まれている方でしょう。


で、本題の「水軍」なのか「海賊」なのかで、以前はみんな「村上水軍」と呼んでいました。

それがなぜ今「村上海賊」が主流になってしまったのか・・・。

私は「水軍」の方が馴染みがあり好きです。

最近「村上海賊の娘」が本屋大賞をとって有名になったためかもしれません。
(ちなみにストーリーとしてはあまり上記の本は個人的感想としてはいま一つかと・・・。)

でも、私の意には反して、「海賊」が今後は主流になるんでしょうねぇ。。。







[PR]
by srmurakami | 2016-06-22 20:27 | ブログ | Comments(0)

本気度

政府が唱えている「介護離職ゼロ」

この取り組みのための助成金「介護取組支援助成金」ですが、受給しやすさから4月から始まって2ヶ月足らずで予算オーバーとなったことは先のブログで書きました。

それが受給要件を追加して6月24日以降も続くことが決まったことが17日に厚生労働省のホームページに掲載されました。

以前よりは格段に要件のハードルが上がりましたが、予算達成で打ち切らなかったところが政府の本気度が反映しているかに見えます。

当事務所が問い合わせいただいた30件ほどはすでに申請させていただきましたが、今後もご希望によって更なる申請もあり得る状況になりました。

助成金は、私が開業して一人で事務所をやっているころから1億近くの取扱いをしていましたが、累計ですでに数億円になったことでしょうか。

今回の件でも数千万円の取り扱いが追加になりそうです。

国の施策を進める上で事業所に利用してもらいたい助成金で、うちがお役に立てるのも一つの貢献です。

定例の業務である年度更新はほぼ山を越え、次は算定基礎届に突入です。

もうひと踏ん張りの毎年のこの時期です。




[PR]
by srmurakami | 2016-06-18 14:12 | ブログ | Comments(0)

合間の独り言

現在、アポイントメントの合間時間でブログなんか書いてます。

次の8時のアポイントまで時間があるのですが、事務所に帰るほどの時間はありません。

なにせここは下関(笑

下関から下関へのアポイントメントの合間です。

最近は業務が立て込んでいまして、社労士の助成金ラッシュ、年度更新、算定基礎届、就業規則、年金相談から、行政書士の医療法人関連(設立、事業報告、決算後の資産の総額の変更登記の届出)、建設業許可、経営事項審査まで幅広く、深くやっております。

新しい顧問先さんも順調に増えてますので、今が踏ん張りどころ。

年度更新と算定基礎届さえ終わればかなり楽になるかな。

あともう少し。



[PR]
by srmurakami | 2016-06-16 18:49 | ブログ | Comments(0)

2016年12月に映画化が決定している「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」をネットショッピングをぶらぶらしていたら目に留まったので買って読みました。

帯にも「二度読み必至の恋愛小説」と書かれていて本当?と思いましたが確かに二度読みは必至だ。

しかし、それには違う意味も込められているということが少しサプライズ(笑

ストーリーは切ない話で、亡くなるといった場面によって表現されるもう二度とその人と会えないということが、違う設定により表現されていて(微妙に会えないとも言えないような設定)、確かに泣く人は読んで泣くだろうという感じの良い本でした。

私も買って損はなかったと思いました。

さて、映画ではどのように表現されるのか、悪くなるかも、良くなるかも。

でも改めて映画を見たいとは思わないタイプの私でした(笑




[PR]
by srmurakami | 2016-06-12 21:47 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30