カテゴリ:ブログ( 990 )

偽善、not 偽善

以前のブログに書きましたが、心理学を一度きちんと学びたいと思っていて、ネットで本を見ていたら、いかにも大衆的な、売るためのインパクトが過剰なタイトルをつけられた、私の仕事に関わるような心理学の本があったので、数冊気の向くままに買ってみました。

その本の内容がどうこうではないのですが、今日、それとは別に図書館から借りてきた明治期の文豪が書いた文章を現代風にアレンジしたような小説を読んで(妙に辛口?)、人間の心理ってのは深かったり、浅かったり、他人には理解が難しいものだなというのを改めて感じました。

私の仕事に関する分野として、よく「人の役に立つ仕事、人に喜んでもらえる仕事をしたい」というセリフがあります。

どの仕事も人の役に立っているからこそ仕事として成り立っているんだと私は考えていますが、そのセリフを言う人は「自分にとってそれがより実感できる」仕事を求めているわけです。

労務管理の分野でもよく言われますが、人にとって仕事の対価は金銭だけではなく、自己を承認してもらうこと(自分が認められたり、褒められたりすること)も大きなものとしてあります。

上記のセリフを言う人は、金銭欲求も当然あるが、自己の承認を得られることが仕事での対価であるという傾向が強いということです。

つまり、当人が本当に望んでいることは「人の役に立つこと」ではなく、「人にありがとうと言われて自分が喜べること・うれしくなること」です。
もしくは、人からお礼とか承認が得られなくても「人の役に立ったことをしたんだという自己満足が得られること」です。

ということで、帰結は自分のためでしょ?ってことです。
辛口ですか?(笑

お金ではなく、自己承認を対価として求めているだけということです。

ボランティア、寄付とかは、対価として金銭はもらえませんが、上記の自己満足は得られることがあります。(寄付などは逆に金銭は減りますが)

その自己満足を得る気持ちが無い行動が「善行」であって、人から「そんなことして偉いねと言われること(を期待して)をやっている」とか「自分の中で満足得られるからやっている」というのは「偽善」ということになるのでしょうか。

といってもこう書いている私は決して偽善を否定しているわけではないので、誤解なきよう。

人というのはそれらの欲求があってこそ常人であると思ってますので。
それらから解脱するのが難しいのは、仏教等の宗教で言われる通りです。

と、つらつら考えていたら、一番の偽善ではない善行(人の役に立つこと、社会の役に立つことなど)をするものがふと思いつきました。

それは人間が作った「機械、道具など」です。
それらは何も対価を求めず、役に立ち、そして要らなくなったら捨てられてしまうだけです。

心を作ってあげてないから、求める心や自己がないから当然ですね。
AIはよくわからないけど。

それって、生きものじゃないじゃないかという突っ込みはご勘弁を(笑

そもそも、人の役に立つこと、社会の役に立つことというのは人間の規範の範疇での価値観であって、人間社会の外に出ればそれらは無意味だし、機械・道具も人間社会から外に出れば無意味なものだし、それらは人間の規範の範疇にあるものでしょう。

これらのことは恋愛関係など、人間関係全般に言えることでもあります。
いろいろな分野の小説を読むようにしてますが、人=自己というものをどうとらえるか、考えるかというのが根底にあります。

誤謬を無視して、つらつら書きました。
決して何ヶ月も、何年も考えて書いたわけではなく、思いついて書いただけなので、理論的な破綻箇所、ほつれは気にしないでください(笑

自己満足のブログですから。


[PR]
by srmurakami | 2017-05-14 22:48 | ブログ | Comments(0)

負荷を変えて。

今年に入ってから風邪で1回休んだ以外、毎週土曜日にはフィットネスクラブ通いを続けています。

最初は腕や足にかける負荷は軽めのものでしたが、徐々に徐々に負荷を増やしていって、毎回たった1時間程度ですが最近はもう限界といった感じにまでなります。

腕、胸、足の筋肉がそこそこついてきて、以前よりは確実に体力がついたと思います。

で、目的の一つであった体重減量ですが、実は全く変化なしです。
脂肪が減って筋肉が付いたせいかもしれません。

でも何がよかったかというと、健康になるのも当然ですが、ある程度食べても太らなくなったことです(笑

間食をしても体重が変わりません。以前ならすぐに脂肪がついていたのに。
通常の動きでの消費カロリーが増えたんでしょう。

ということで、おいしく色々と食べて、結局体重が減らないのでした。



[PR]
by srmurakami | 2017-05-13 20:38 | ブログ | Comments(0)

夢落ち

物語の最後が夢落ちの話というのはよくある話で。

しかし、多くの場合はそれは話作りの根本の失敗で、今まで楽しんで読んだストーリーを台無しにすることが多いと私は思います。

そもそもフィクションである小説などの物語が始まりから「夢物語」ですよね?

その夢物語の結末が、夢物語を否定する夢落ちとなると、最後何も残らないじゃないですか。

夢落ちにしなければならない理由がストーリーにはあるんでしょうけど、それは根本の話作りの失敗とどうしても私は感じてしまいます。

そもそも自分の人生すら夢みたいなもんでしょう(笑

現実に朝起きたら全く違った人生を送ってて、あぁ、夢だったのということがあるかもしれないと思ったことないですか?

いや、フツーは無いか(笑
私を含む心配性な人たちだけかも。

信長の辞世の句(といわれている)ではないですが、夢幻のごとくなり、です。

そういえば、人生五十年まであと4年もないのか(笑

でも、そう考えたら、過去の経緯に関係なく、新たに何か始めるのはいつでもできるってもんですよね。





[PR]
by srmurakami | 2017-05-10 22:56 | ブログ | Comments(0)

we can change

このフレーズももう8年以上前ですかね、オバマ前米国大統領の選挙戦で使われたフレーズです。

先週くらいに、ふと、うちの事務所も変わらないといけないという思いが強く心に浮かび上がってきて、このフレーズを思い出しました。

どうしてそういう思いに至ったかは明確なものは私自身もわからないのですが、色々な情報や耳に入ってくること、そしてちらばった思いが積み重なると、自身でなぜそう思ったのかがわからない思いが湧き出してくることが開業してからしばしば起こってます。

それが今まで悪い方向に行くことはなかったのですが、職員も増えてきたいま、悪い方向に転ぶことは許されないので、物事は慎重に運ばないといけません。
ぼんくら経営者の不確かな勘に終わらないように(笑

しかし、実行のときは迅速にやりましょう。
さて、何をするのかは、また固まってからです。

ゴールデンウィーク中に少しでも考えましょう。



[PR]
by srmurakami | 2017-05-04 20:35 | ブログ | Comments(0)

ゴールデンウィーク前の今週(4/23~4/29)が仕事の山で、乗り切ることができるかどうかの勝負の週です。
(大げさ)

終えることができるものを着々と終わらせていこうと思います。

ゴールデンウィーク中は、考え仕事に向いているので、そのための時間にとっておきます。
(医療法人設立などは、収支計画等を考えないといけないので。)

事務所としては労働保険料の年度更新の準備を進めていますし、助成金もまだまだ立て続けにいろいろとある状況で、顧問契約が始まったばかりのお客様も数件あり色々と動くことが多い状況です。

休みの日から明日に向けて気がせくので、今日はある程度仕事をこなしました。

みんなで頑張りましょう。






[PR]
by srmurakami | 2017-04-23 23:37 | ブログ | Comments(0)

すごく大変です。

今、ものすごく忙しいです。

新しい顧問契約をいただいたり、スポットのご依頼もこんなに重なったのが久しぶりなくらい畳みかけるようにいただき、以前のご依頼でまだ完了していないものが残っていたりと、大変です。

でも、そういう状況にあるのがありがたいことだと身に染みて十二分にわかってます。

ちょっと言ってみたかっただけです(笑


直近では事務所にいる時間がかなり減ってます。

事務所にいる短い間にいかに事務処理を済ませるかに日々挑戦してます。

もう明日は週末です。

なんの面白みもない言葉ですが、ベストを尽くして頑張ります。





[PR]
by srmurakami | 2017-04-20 18:46 | ブログ | Comments(0)

開業について 2

先日、社会保険労務士として開業される方が増えている話を書きました。
その話の続きを少し書きたいと思います。

日経新聞の1面の一番下に書籍の宣伝がいつも書かれていますが、417日の朝刊(山口の地域は夕刊がないですけど)にはこういう本が紹介されてました。

「資格貧乏物語」
横に書かれている紹介文が「社労士、診断士、保育士、行政書士、気象予報士、通訳案内士、税理士、マンション管理士-資格を取ってみたけれど…」

つい爆笑してしまいました。
「社労士」が一番最初に書かれている!
今度買って読んでみようと思います。


しかし、私が開業する13年前よりずっと以前から、事務指定講習(実務経験がない社労士が受ける開業前の講習)の講師をする人がいきなり「社労士の資格は、足の裏の米粒だ。意味は「取っても食えない」だ。」と言うくらいの業界の状況でした。

これから開業しようかという人が集まった講習会で講師が言うんですよ。
講師の選定を大間違いしてますよね(笑
そういう団体です…。

さっきの本に書かれいる他の資格も同様なのはわかります。
ただ、開業してやっていけるかどうかって、書かれている資格以外のどの業界でも同じじゃないですか?

例えば、よく引き合いに出されるラーメン屋を開くのだって、経験積んでお金かかる店用意して開業して、はやる店とつぶれる店がありますよね。
資格取れば、ラーメン屋開けば、雑貨店出せば、誰でもやっていけるって思う方がどうかしてますよね?

それでも、サービス業の中では、社労士は専門サービス業としてまだやっていける可能性は高いのではないのかな、と思ってます。
でも、当然ながらだれもやっていけるかどうかは保証してくれません。

私の事務所も成長の途次なので人のことは言えないとは思いますが、開業した方々には頑張ってもらいたいと思います。


このブログに、むか~し書いたのですが、開業した方が何か教わりたいというのであれば私でもよければアドバイスしますよ、と投稿したのですが、いまだかつて相談に来た人はほとんどいません。

開業の挨拶に来られて、多少のアドバイスはした方が何人かはいましたが、初回以降引き続いて相談に来る方は未だかつていません。
私の人望の無さが表れている?(笑

開業してから、どのような行動をすればよいかのアドバイスができたらしますよ。
忙しい時間帯を外してもらえればとは思いますが。

知人が誰もいないような土地で開業して3期目(1期目は7月からの半年なので、開業から1年半~2年半までの期)の年には消費税の納税義務が生じる売上高を軽く超えた実績も一応あります。(ということで、翌々年度から納税義務が生じるので、5期目には納税しました。)
一応ですけどね。

当時と周りの状況も違いますし、私のやり方が通用するのかどうかは当然わかりませんが、参考にしたい方がいれば教えます。
人まねをするのが近道というのもありますし、自分なりの改良を加えたらよいと思います。

現在は、正職員(短時間正職員を含む)が4名、パート1名+私の6名で運営しており、開業当初とは全く違った課題に事務所としては取り組んでいますが、まだ開業時のこともある程度覚えてますよ。

と書いても、誰も来ないだろうなぁ。
このブログ見ている人少ないし(笑





[PR]
by srmurakami | 2017-04-18 19:03 | ブログ | Comments(0)

おおあめ

今日は凄い雨でした、いや雨です?かな。現在進行形。

夕方は下関市へ行ったのですが、前が見づらいくらいの大雨で、下関市からエリアメールで友田川が氾濫注意水位まで達したので、避難に時間がかかる方は公民館(下関市はまだ「公民館」と呼ぶんですね。)へ避難してくださいというメールでした。

そのメールが来ている最中も豪雨は続いていたので、氾濫の危険性がかなり高いんじゃないかなと怖くなりました。

山口市に帰ってくると今はそうでもない雨足なのですが、まだわからないので注意が必要です。

注意を継続しましょう。



[PR]
by srmurakami | 2017-04-17 18:10 | ブログ | Comments(0)

面白かったですよ。

昨日、午前にジムに行って、午後から県立図書館に足を運びいつもより多い5冊の本を借りました。

いつも通りきままに手に取った5冊のうち2冊は話題になったドラマの原作だと知っていて借りました。

その2冊は後回しにして、昨日と今日で2冊の本を読みました。

そのどちらも標準以上の出来で、心に残り面白かった。

この作品ならある程度話題になったんじゃないかとネットで検索したら、知らない私が無知なだけの話題になった作品らしく、私もそういえば聞いたことがある題名だなと薄々思っていたなと今さらですが思い直しました(笑

「いま、会いにゆきます」 著者 市川拓司 です。

ドラマにもなって、漫画にもなっているようです。

もう一冊は、
「消失グラデーション」 著者 長沢樹 です。

こちらは、単純に高校生を主人公にした推理小説なので読むのがきつい(私が年が年なので(笑)かなと思いながら、でも横溝正史ミステリ大賞受賞作品ということもあって興味があり借りたのですが、結末がなかなか思いがけない読者への裏切り方で、面白かったです。

よく、読者を裏切るために、無理やりな設定と無理やりな流れで書いてしまっている小説もよくあるのですが、結構無理な設定への落とし方でありながら、不自然さの塊を胸に残さずに気持ちよく読み終えることができました。
(少しは、こんなのありえんだろというわだかまりは残りましたが。)

それかよ!という言葉が出てしまうような結末だったのですが、読後感は良好でした。

面白くない、というか私の趣味ではない本に当たる方が多くて、面白いと思う方が少ないのですが、こういう好きな本を見つけると、やはり色々読みたくなります。

図書館通いは続きそうです。


[PR]
by srmurakami | 2017-04-16 16:38 | ブログ | Comments(0)

開業について

同業の社会保険労務士の方の新規開業の勢いが衰える気配がありません。

といっても私の所属する山口支部(旧山口市地域や小郡、徳佐などを含む地域)に限ってのことかもしれませんが、この2~3年の間に急増です。

この4月にも、私の知っているだけで3名の方が開業されてます。

私が開業した13年前の前後はここまでの人数は毎年開業してなかったと思います。

競争が当然強まり、困ったなという思いも正直ありますが、業界の発展のためにはプラスになり、ひいては自分にも還ってくるものとも思いもあります。

顧みても、私のお客さんの8~9割は、今まで社会保険労務士があまりかかわったことがない企業様です。
ということは、他の社労士のお客さんがこちらに移ってくるのとは違い、それだけ当事務所としては経済的な付加価値の増加に寄与していると思ってます。

そういうことを新しく開業された社会保険労務士の方々が念頭においてもらえるのであれば、業界にとってこれほどプラスになることはありません。

逆に、他の社労士のお客さんが移ることばかりが生じるのであれば、業界としてはさほどプラスになることはありません。前の社労士より同額の報酬でサービス内容の向上があれば社労士全般の評価も高まりプラスにはなりますが。

当事務所も基本的に前に社労士の方がついていた企業様の依頼のお話があったときは、前の社労士の顧問料より下げて依頼を受けることはありません、とお会いした時には話すようにしています。

報酬が同額か、もしくは上がっても、報酬なりのサービスの充実を心掛け、満足してもらうのが一番という方針でやっています。

報酬額の高低だけの話になると、適切な額でなければ双方が疲弊するだけで、サービスも低下し、社労士全般の評価も落ち、自分の首も絞めるだけになりがちです。

こういうことをみんなが考えてくれるといいなと思ってますが、単なる自分の考えの押し付けだと言われればそのとおりです、と答えます(笑。

開業された方の健闘を祈ります。
私を含めて先達をどんどん乗り越えていってください。

そういう人がごろごろ出てくれば、この業界の将来はまだまだ期待できます。






[PR]
by srmurakami | 2017-04-13 22:16 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31