以下の記事をご覧下さい。労働保険と社会保険の一元徴収化が始まったようです。ちょっとやけくそな考えで保険料徴収を一本化するなら保険(社会保険と労働保険)自体も一本化して保険料の運用も融通を利かせたらとふと考えました。。。

【NIKKEI NET 11月3日】
社会保険庁は雇用保険や労災保険といった労働保険の未納事業所に対する強制徴収を始めた。厚生年金や政府管掌健康保険など社会保険と労働保険の両方とも保険料を納めていない事業所を対象に、各都道府県にある労働局に代わって、一括して財産を差し押さえる。社会保障事業の効率化を進める狙いで、徴収一元化へ一歩を踏み出す。

 社会保険は現在、全国312カ所の社会保険事務所が徴収し、労働保険は各都道府県の労働局が担当している。2001年の省庁再編で厚生労働省が誕生した時から徴収業務の一元化論議が浮上していたが、旧厚生省と旧労働省の業務は分かれたままだった。今回の徴収一元化は、まず各地の社会保険事務所と労働局が共通で未納事業所をリストアップ。事業所への訪問や呼び出しを共同で手掛け、納付を促す。そのうえで納付に応じない事業所を対象に、社会保険事務所が財産差し押さえなど強制徴収を実施する。第一弾として10月に行った。
村上労務経営事務所
[PR]
by srmurakami | 2004-11-04 00:44 | にゅ~す

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30