堀江さんで思うこと

最近のニュースのメインはライブドアの話ですが、現在の私は株式投資も止めてますし、あまり関心は高くありません。

ただ、今日の読売新聞に書いてあった買収された会社の人と堀江さん(容疑者)の話には少々首をかしげる点がありました。

一つの言葉だけでその人の考えを理解することは出来ないと思いますが、買収された会社の人が堀江さんに会社を大きくするにはライブドアの社員に愛社精神を育てないと言ったところ、堀江氏曰く「みんな金のために働いているんでしょ」と言ったそうです。(そんなものは必要ないということでしょう)


現実、「金のためにはたらいている」人ばかりではありません。

堀江さんは視野が狭い面があったのでしょう。


私が思うには、人は「生きる」ために働いています。

「金のために」働いてはいません。それは「目的」と「手段」が混同されてます。

生きるために働いているのだからこそ、金以外の達成欲、名誉欲、自分を高める欲などを持ってみんな働いているのだと思います。「働く」ことには金以外に求めるものがあるからこそ、人は色々な仕事をしたり、しなかったりするのだと思います。

生きることによって、人それぞれある幸せを掴むことを求めているのだと思います。



「金のために働いている」という言葉は明らかに間違いでしょう。

ただ、そう思われるような言動をする人が増えている気がします。これはひとえにマスコミの影響で私もそう思っているのですが、私の身近には幸いなことに(?)そのような人はいません。

そういう面では、堀江さんは英雄視する人もいますが、私にはとてもそのような人には見えません。今回の騒動が無くても、堀江さんのようになろうとは思えません。(そうする能力が無いからそんなこと言うのだろうと言われそうですが、その通りと認めましょう)

こんな事件になってから言うのもなんですが・・・・。
[PR]
by srmurakami | 2006-01-24 23:05 | ブログ

出産費用を無料化へ!

猪口少子化担当相が、出産費用を無料化することを検討している旨を公表しました。

政府の中には、国庫の負担増が大きすぎることに懸念を示し、補助額の縮小方法を検討している部分もあるようですが、個人的な意見としては、思い切った姿勢を示して出産への負担感を減少させるべきかと思います。

現在、政府管掌健康保険では出産一時金で30万円が支給されていますが、実際、一般的に出産には67万円位かかるそうで、それ以外にも毎月数万円消耗品などにかかるそうです。

出産時の費用だけでも、大きく軽減できたら長期的に効果があるのではと思います。
[PR]
by srmurakami | 2006-01-13 18:21 | にゅ~す | Comments(0)

人口減少時代

新年早々、新聞等のマスメディアをよく賑わせております人口減少問題に私も関心がありますので、ちょこちょことブログにも書いていこうと思います。
(私は現在、山口労働局雇用均等室で、「育児両立支援職場環境整備コンサルタント」という、職場環境での少子化対策を進める職に就いております)

日本の人口は現在1億2700万人ほどあります。

それが、2050年には1億人、2100年には6400万人と半減することが推定されております(中位推計)。

今までは中位推計まですら満たされていないことが多いようで、より現実に近いと思われる低位推計の方で進むと、2050年には9200万人、2100年には4600万人まで減ると推定されています。


2050年くらいから坂を転げ落ちる様に減少し、日経新聞に掲載されていた記事によると、500年後にはなんと人口が10万人になるまで減少するそうです(ある機関の予測に基づく)。

縄文時代と同じ人口です(笑。もう笑うしかないくらい亡国の状態です。それほど現状は深刻ということになると思います。


お膝もとの山口県の人口はというと、今年58年ぶりに150万人割れが判明し、2015年には140万人、2030年には120万人になると予測されています(中位推計)。

それ以降の推定が手元の無いのですが、全国の推定から考えて、坂を転げ落ちる様に減少すると思われます。

もともと、都市への若年者の移動が多く、過疎地になる地域も多かったのですが、更に少子高齢化でダブルパンチに山口は見舞われることでしょう。

今から25年後には30万人も減少する山口県で事業を継続するのは難しくなる方も多くなると思います。

さて、皆さんはこの人口減少社会でどのように生きますでしょうか・・・?
[PR]
by srmurakami | 2006-01-10 17:52 | ブログ | Comments(0)

2008年度から老齢・障害・遺族年金を受け取っている方は、年金からの国保の保険料の天引きが始まることになります。

主に失念などによる未納防止のためです。

同じく2008年度から始める75歳以上の高齢者が入る新医療制度の保険料が天引きになり、74歳以下の国保加入者も天引きが始まるそうです。

便利ですが、有無を言わせずといった感じなので、計算間違いや徴収間違いが起こらないように気をつけてもらいたいですね。
[PR]
by srmurakami | 2006-01-07 21:43 | にゅ~す | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

長い間ご無沙汰しておりました。このブログの方向性を検討しておりましたが、引き続きブログでの情報発信を続けて参りたいと思います。

もう一つブログを書いておりまして、そちらとの兼ね合いもあったのですが、書いている分野が違うのでこちらはこのままにしたいと思います。


よろしければ引き続きご覧いただければと思います。



昨年12月に新しく会社を設立しました。事務所ともどもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

【 やまぐち給与計算センター(有) 】
http://yama-kyuyo-keisan.com/


昨年は、ついに人口が減少する歴史的転換点になりました。
今後の20年位でその後の日本の姿が決まると思います。私も微力ながら頑張ろうと思います。

では、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by srmurakami | 2006-01-03 15:30 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31