頑張れよ

明日で今年も半分が終わります。
そして、もうすぐ当事務所が開業して丁度満6年となる記念日の7月1日です。

最初の第1期目の年の7月1日~12月末までの半年間は、知人も全くいない環境でそれはそれは悲惨な営業成績だった頃が、まだ6年も経ってないついこの間とは到底思えないほどいろいろなことがありました。

開業前に10年後の目標としていた売上規模に大きな仕事の依頼で3期目で到達し、その後も上下がありながらもおかげさまで個人事業者として成長させていただいているのではないかと思っています。

本当にありがとうございます001.gif


さて、6月も終わりに近づいた先週金曜日と今日の2日で新たに行政書士の大きめの業務2件、社労士の単発業務1件&単発or場合によっては顧問業務が1件、など諸方の方からご連絡いただきまして、今までお受けしている仕事で完了していないものも5~6件以上あるので、来月も当面走り回ることが決定いたしました。はい。


さて、私の試験勉強はどうなるのでしょうか、乞うご期待!

(正直、無理だろ…)
[PR]
by srmurakami | 2009-06-29 18:33 | ブログ | Comments(0)

与太話

労働保険料の年度更新も95%は終わった感があり、算定基礎届の資料集めも順調に進み、単発のご依頼もなんとか少しでも前に進みつつある繁忙期の社労士事務所です。

忙しく過ごしている日々ですが、前に進みたくても進めないこともあり、焦燥感があります。
それは私が進みたい事業の方向性についてです。


ここからは私の勝手な考えですが、もともと社会保険労務士の仕事は企業の経営の「一部」のサポートです。

ゆえに、経営がわかってない社労士は役に立たない≒財務諸表も読めない社労士は真に企業の役に立たない、と私は思っています。(財務諸表を作成するのではなく、あくまでも読むだけです。話はそれますが、法律を扱う者としては民法も社労士は勉強すべきだと思っています。実は民法は社労士の試験に入ってないんですよ。)

だから、この仕事を開業する前に私は税理士事務所に転職したわけです。

組織は戦略に従う、今では戦略は組織に従うと言われますが、人事・労務管理は経営の一部であるわけですから、戦略や財務諸表&内部指標の経営指標等も把握して企業の人事組織や労務管理をアドバイスするのは、把握しないでアドバイスするのとは雲泥の差が生じるでしょう。

以前は唯一絶対の組織・人事管理論が求められていましたが、現状ではそれは無いのが常識です。企業ごとにそれは違うものを提案し、導入しなければならないわけです。

まして、組織・人事管理は、経営資源の中で汎用性が少ない人材を企業のコア・コンピタンスとして育てあげ、競争優位を得る、戦略的な事業のイノベーションを行える重要な経営資源を扱うものですから、企業の競争戦略の中では大変重要な分野です。

そこで社労士は、経営全体の理論的・体系的な勉強をしたうえで組織や人事評価、給与制度などの「人材」をコアコンピタンスに育て上げるサポートをしなければなりませんが、それをせずに断片的な知識だけでこれが良いと色々トピックス的な事項を取り上げてアドバイスするのは、その制度等を導入した企業にとって「当たり」になる確率はかなり低くなります。


本当はその企業にとってもっと良いアドバイスがあったにもかかわらず、全体的な知識からチョイスしたアドバイスではなく、断片的な知識からそれしかないアドバイスをした場合に、企業にとって役に立つ確立は低いのは当然でしょう。

たまたまその時は当たっても、その成功に(他にアドバイスできないので)固執してしまうと、企業の戦略、成長にとってマイナスにしかなりません。


そんなことをつらつら考え、現在は経営全般を勉強し、更にその中での社労士分野のエキスパートを目指すのが私の目標ですが、なにせ現状の今の事務所では単純な手続業務だけでも結構な時間を割かれる始末で、一人落ち込んだりいらついたりしておりまして、ここは頑張って一歩一歩ですがなんとか目標へ進みたいと思っています。
(手続業務を軽視しているわけではなく、手続業務は迅速に確実にこなしていきたいのです。)

すごい固くるしいある社労士の与太話でした。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-24 23:06 | ブログ | Comments(0)

暑い

ですね。
半そでにしましたがそれでも暑くて汗が流れ落ちます。

今日はあちこちと色々な用事で出かけながら、労働保険年度更新の申告済み控え書類と保険料の納付書をお配りして回っておりました。

算定基礎届資料もぼちぼち集まりつつあり、もう少しで定期業務完了の目途はたちそうです。

定期業務以外の業務については、落ち着いて時間をとって考えないと進まないものが多いので、本格的に取り組むにはもう少し時間がかかりそうです。

しかし、締め切りがあるものがほとんどなので、ちょっとここしばらくは無理をしなければと思っています。

とにかく目の前の山を乗り越えて、次の山へ、次の山へと取りかかりましょう。
(最近こんな話ばっかり。)
[PR]
by srmurakami | 2009-06-18 18:41 | ブログ | Comments(0)

車検終了

今日は営業車の車検でした。

色々とあるだろうなと思っていましたが、やはりありました。

部品交換が結構あり、この新しい部品では次の車検までどころかもう4年くらい走れそうな気がします。

エコカー減税がある2年後には買い換えようと思っているのですが…。


ところでちょっと私事で気がかりなことが起こっています。休みをもらって大阪へ帰省するかもしれません。

いつ行こうかと検討中です。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-13 22:52 | ブログ | Comments(0)

ダブル(二重)チェック

今日は一人事務所に出て、職員から私のところに上がってきていた労働保険年度更新書類の資料のチェックを終えました。

どんな達人であろうと、人間ですからいつかはミスをするものです。弘法も筆の誤りです。
そういった人間の性質は普遍的なものなので、当事務所では給与計算や年度更新の集計などは必ずダブルチェックで、資料を作成した者と違う人間が計算を確認をしてミスを無くすようにしています。

年度更新は特にその顧問先の内情が分かっている人間が最終チェックをした方が良いので、当然私がすることになります。

まず職員が顧問先の従業員の個人ごと・月別の明細資料を作成して申告書の下書きをします。
そして、私がその資料をチェックします。

そして、申告をすることになります。
当事務所では電子申告を推進しておりますので、ほとんどの顧問先分を電子申告を来週することになります。

これで次の算定基礎届へと突入できます。もう一踏ん張りです。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-13 15:33 | ブログ | Comments(0)

山は越えたか

労働保険年度更新申告の準備もほぼ終わり、来週には8割~9割については申告と納付書をお渡しすることができそうです。

なんとかひと段落つきそうです。


話は変わりますが、そういえば先週の土曜日に1年に1回の健康診断に行ってきました。

血圧も血中脂質も胃のレントゲンもほとんどの検査は問題なかったのですが、ちょっと警告が出たのがお腹。

もうメタボの基準値をオーバーしていました。しかし、血中脂質等他の検査値がまったく正常範囲だったのでメタボではなく「メタボ予備軍」とのこと。

とりあえず甘いものを少し控えることにしました。最近疲れると甘いものを食べすぎていたので…。

明日は車の定期健康診断、いわゆる車検です。こちらもあまり異常が無いことを願っております。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-12 18:40 | ブログ | Comments(0)

顧問先さんへの貢献

今月に入り新規ご依頼が集中してきました。

その中でもちょっと多かったのが助成金のご依頼です。今日も新たに1件受注しました。
助成金単発でのご依頼ではなく、顧問をさせていただいている事業所での助成金業務が9割を占めています。

これは顧問先の方に私のほうからご提案というケースがほとんどです。
顧問させいただいている全部の事業所さんにというわけには当然いかないのですが、色々な助成金があるなかでその事業所さんの状況に適した助成金をご提案するように私は心がけています。

最近では職場意識改善助成金、定年引上げ等奨励金、基盤人材確保助成金、育児休業取得者が出たときの育児・介護雇用安定等奨励金などが多くなっています。

ここ最近5年間(まだ開業して6年も経っていないですが)のうちの助成金手続の累計額をきっちり出してみました(暇だなぁ)。

締めて9800万円!およそ1億です。

これがほとんど雑所得として事業所の利益になるのですから、もしその事業所の売上に対する税引前利益の率が10%であるならば、うちとしては助成金額の10倍の10億円の売上に匹敵する貢献をしているわけになります。

労務管理のコンサルティング業務と比較して、助成金業務を軽視する社会保険労務士事務所も多くありますが、うちとしてはこれは立派な顧問先企業への貢献だと考えています。
しかも、その助成金は国が目的があって支給するわけですから、国へも少なからず貢献させていただいていると私は考えています。


今後、育児・介護雇用安定等奨励金(育児休業取得1人当たり100万円×最大5人、2人目以降80万円)を複数件支給申請する予定がありますし、若年者等正規雇用化特別奨励金(一人当たり中小企業では100万円)も予定が決まりましたし、職場意識改善助成金の来年2月の支給申請はおそらく総額800万円くらいの受給額になりますので、あっという間にうちの累計額は1億を突破すると思います。

今後もなるべく多くのお客さんへご紹介できるように頑張ろうと思います。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-10 00:11 | ブログ | Comments(0)

息つく暇もなく

今日は以前からご依頼をもらっていた建設業の経営事項審査と決算後の変更届を土木事務所へ提出し、一区切りを付けました。

そして明日提出予定の顧問先さんの労働保険事務組合の申告書を仕上げていたのですが、その間に来客が3名あり、給与資料のお届けや相談で顧問先への訪問もあり、それらの中で新たに2件の助成金の手続き依頼がありました。

1件は職場意識改善助成金で、もう1件は若年者等正規雇用化特別奨励金です。

若年者等正規雇用化特別奨励金とは、いわゆる年長のフリーターや内定を取り消された学生等を正規雇用した場合に、中小企業だと100万円、大企業だと50万円の支給があるものです。

これでまた一つ顧問先さんに貢献できれば、それもまた嬉しいことです。

さて、そろそろ終わります。また明日頑張ります。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-09 19:10 | ブログ | Comments(0)

繰り返しですねぇ。

今日は仕事をあがって、家族で食事中にお二人のお客さんからお電話。

そして新たに2件のお仕事が舞い込みました。
このブログでも過去に度々出てきました仕事依頼の集中が起こったようです。

先月末から考えると新しい仕事が…、

新規開業に伴う事業計画作成2件
助成金6件
年度更新(単発)4件
建設業許可1件
就業規則改定2件

これらは単発業務ですが、一部顧問先さんでの新規依頼発生業務も含んでおります。

これらの他に顧問先さんでの就業規則のメンテナンス(改定)が4件、そして山となる年度更新業務と算定基礎届業務、更に賞与支払届業務とてんこもり状態。

仕事に付随して、来月はセミナーの講師もあり準備しなければなりませんし、顧問先さんの労働保険事務組合の年度更新のお手伝いや福祉医療機構からの融資の手続をしなければなりません。

出来る限りの事務部門は私の手から職員へと移行していますが、給与計算などもあり私も職員もちょっと大変だろうなと思います。

早く乗り越えて8月を迎えたいものです。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-08 23:00 | ブログ | Comments(0)

すでに事業所には届いたという連絡があった社会保険の「算定基礎届」の用紙が、うちにも社会保険事務所からまとめて届きました。

今日は宇部社会保険事務所からだけでしたが、近々ほかの社会保険事務所からも送られてくることでしょう。
(未だにうちの住所の変更をしてくれていない社会保険事務所もあったりするので、転送で時間がかかったりします015.gif015.gif

いよいよ年度更新+算定基礎届が佳境に入ってきました。

そんな中、いろいろと考えて進めていくことがあったり、今の仕事に関係することをちょっと勉強していたりして時間が24時間では全然足りないくらいです。

ということでブログを書いてなんかいないで、仕事などに戻ります。
[PR]
by srmurakami | 2009-06-08 18:10 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。