相変わらずの忙しさ

昨日は急なご相談などが入りばたばたとして事務所にほとんどいませんでした。

朝一で宇部市の顧問先さんへ訪問したのですが、小郡方面が超渋滞でこんなにすごいとは予測できていませんでした。
7時過ぎに出発して、通常だったら1時間の道のりが2時間弱かかりました。途中で引き返したいくらいでした…。


その後は、急なお約束で3人の方にお会いして、もともと予定していた人にお会いして、もう夕方にはくたくたです。
出向に関して面談して本人から質問を受けたり、社労士顧問に関する質問・相談を受けたり、産廃の許可のご相談を受けたり、社会保険事務所への手続きの依頼を受けたり、ライオンズクラブへの出席勧誘を受けたり…


早く発送しなければならない給与計算後の資料や事業計画書の資料などを最後に投函して、それが終わって一日が終わりました。

1日の終わりに、顧問先さんからお電話いただき、申請している補助金が無事下りそうというお電話をいただきほっとしました。
億を超える金額なので、ほぼ大丈夫とはいっても心配だったので嬉しかったです。


その後は娘を風呂に入れて、そのわがままぶりに切れそうでした(笑。
お父さんが元気な時にわがままを言ってほしいという、お父さんのわがままを娘に言っておきました。

さぁ、今日も頑張りましょう。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-29 06:02 | ブログ | Comments(0)

勝手知りたる業務といえども、甘く見ていると大変なことになります。

なんども繰り返し請け負っている許可取得の業務ですが、法改正も毎年のようにあり、様式が変わっていたり、添付書類が増えていたり、添付書類が本籍地の市町村へ行かないと取得できないものがあり、てっきり地元が本籍地だと思いこんで余裕をかましていると、実は県外まで取得に行かないといけなかったり…。

県外といっても津和野町までなので1時間もかからないくらいだったのですが、計算外の時間がとられてしましました。
今回は猛省しようと思います。

準備は入念に怠りなく…。

さて、相変わらず昨日も新たな仕事が2件入って、今月に入って新たな仕事を何件いただいたかわからないほどで嬉しい悲鳴なのですが、社労士にとっての一大(二大?)イベントの年度更新と算定基礎届が終わり気持ち的な余裕も出てくるとちょっと今後のことを考えてしまいます。

感じてはいたのですが、現状のままでは未来への投資が少なすぎると判断しました。

今年後半は来年以降のための投資活動に動こうと思います。

そして、飛躍的な成長に向けての土台作りに励もうと思います。詳細は追って発表できればと思います。


それにしても雨がまたひどくなってきました。
災害がまた起こらなければよいのですが…。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-24 18:12 | ブログ | Comments(0)

今日、出向のための契約書を作成するために、確認のため資料を調べていましたら懐かしい名前がその資料に出てきました。

それは私が大学卒業後に就職して9年間強勤めた会社の名前でした。


会社が出向を命じる根拠に、就業規則などの「包括的同意」だけでよいのか、個別な案件ごとの同意が必要なのかということが過去に裁判で争われているのですが、その中に「興和事件」というものがありました。
(「興和事件」でググっていただくと幾らでもこの事件のことは出てくると思います。)


この事件があった昭和の当時はどうだったかはわかりませんが、「興和株式会社」というのはグループの親会社で、子会社に「興和新薬株式会社」という医薬品の販売会社や「興和オプチメド」という光学機器(眼科の検査機器等)の販売会社や興和紡績というアパレル関連のグループ会社が他にもありました。(この紡績会社がグループの発祥会社なので、こちらが親会社でしょうね。)

私は、「興和新薬」(現在は興和創薬株式会社と興和新薬株式会社に分かれているようだ)という会社に就職し、医療機関を回って医薬品の営業をしておりました。


「興和」と聞いても何を扱っているかわからない方も多いと思いますが、大衆医薬品では薬局の前に置いてあるカエルのマスコットが有名で、胃腸薬のキャベジンコーワ、風邪薬のコルゲンコーワ、栄養剤のQPコーワゴールド、鎮痛剤のバンテリンコーワ、のど薬のフィニッシュコーワ、虫さされのウナコーワと言えば大抵の方がわかっていただけるのではないかと思います。


なぜか法学部出身の私が何を思ったのかどちらかと言えば理系の業界である製薬業界に就職していました。

ただ、就職したばかりの私はこの仕事が不本意だったらしく、本社のある名古屋や東京支店で3ヶ月近く研修を受けた後に開かれた新人を各支店へと送り出す打ち上げの飲み会の席で、取締役や東京支店長などが居る面前で全員一言ずつ今後の抱負を語った際に、「10年後には私はこの会社にはおりません。」と言い切ったことを記憶しております。

でも、有言実行で10年経つ直前に辞めたので、良かったのではないでしょうか(笑。


なつかしいといっても、まだ7年~8年ほど前の話なんですね。

つい最近じゃないですか(笑。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-21 18:34 | ブログ | Comments(0)

高校野球

夏の高校野球の予選も真っ只中です。

うちの近くの山口高校では、連日、野球部が暑い中、練習を一生懸命しておりました。

しかしこのところぱたっと練習の声が聞こえなくなりました。

そこで、NHKの地上デジタルの高校野球情報を見ると、すでに2回戦にて敗退…。
明治3年に創立のうちの奥さんのこの母校は、今まで一度も甲子園に出たことはないそうです。

私の母校の大阪府立春日丘高校は、私立のPL学園などがある激戦区の大阪であって珍しく公立高校として勝ち残り、甲子園に出場したことがあります。
ただ、私が入学した頃はもう既に強くはなかったようですが…。

ちょこっとだけ私も中学で野球部に在籍したことがあり、野球は好きなスポーツですが、最近はプロ野球も含めてほとんど野球を見なくなってしまいました。

でも、野球って見ているとやっぱり面白いものですね。
ゆっくりと野球を見てくつろぐ時間が過ごせたらなぁと思います。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-20 22:42 | ブログ | Comments(0)

更新をさぼりがち

久しぶりの投稿です。

この間、何も無かったというわけではなく色々ありましたが、ちょっとブログを書く気分ではなかったのでご無沙汰になってしまいました。

色々あった中で、一番のトピックスといえば、社会保険の算定基礎届のことでしょうか。

社会保険(健康保険と厚生年金)については、4月・5月・6月に従業員へ支払った給与額を事業主が届出して、その3ヶ月の平均額で9月分からの1年間分の社会保険料が決まります(定時決定)が、この届出のことを算定基礎届といいます。

その届出のことで、1点以前から疑問点がありました。

それは、4月~6月の途中で資格取得(入社)した社員の場合です。

例えば、給与の締日が20日、支払日が25日の場合の会社で考えてみましょう。
(給与は月給制)

4月1日に入社の場合、

4/1~4/20 → 4/25日支払が4月分
4/21~5/20 → 5/25日支払が5月分
5/21~6/20 → 6/25日支払が6月分

になりますね。

4月分の給与の支払基礎日数は4/1~4/20の20日なので、山口県だと通常は17日以上ある月は3ヶ月平均を計算する際には入れるので、4月~6月の給与を平均して9月以降の社会保険料が決まります。

しかし、以前、某社会保険事務所の業務課長さんから窓口で直々に、その場合は4月は計算に入れず、5月と6月で平均して出してくださいといわれたのです。

算定基礎日数が17日以上あるのに除外するのですか?と繰り返し確認しましたが、そうだということで指導を受けました。

確かに4月は通常の月の給与ではないので、不当に社会保険料が低くなる(将来貰う年金等にも影響する)と考えられるので、それもあるのかと思っておりました。

しかし、それは他の社会保険事務所では通用しない方法らしく、そんなことはないと一蹴される始末です。
しかし、今回某社会保険事務所の方が上部組織の山口県社会保険事務局へ確認入れたところ、最初の回答ではやはり4月~6月平均で出すんだと連絡があったそうですが、その後すぐに、その場合は「事業主の希望により」、5月と6月で平均を「出せる」という連絡が問い合わせをした社会保険事務所へあったそうです。


私も混乱しておりましたが、結論としては法令上は資格取得月(入社月)など関係なく、17日以上算定基礎日数があれば計算に入れるのですが、事業主の希望により「保険者算定」で5月と6月の平均で出せるということらしいです。

つまり、どちらの方法も可能ですということになります。

他県の情報をネットで調べると、この場合5月と6月で届出を出すのが「当然」の県があったり、社会保険事務所が社会保険労務士等へは5月と6月で届出をするように「指導」している県があったりしました。


我が山口県では、単純に4月~6月で届出をするのが「当然」の県です。
5月と6月で出そうとすると、「そんなことできません。」と言うような社会保険事務所の職員や事務センターの職員がほとんどの県です。
(電話でやりとりしていたらかなりむかつくことがありました。)

全国統一したのではなかったのか?

今までやっていた方法を否定しなければいけない県が出てくるので、統一したくても統一できないのだろうか?

それにしても、もう少し人の言うことに耳を傾ける社会保険事務所の職員(年金機構の職員)になって欲しいなぁ。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-20 16:20 | ブログ | Comments(0)

終わりました。

昨日が労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届の提出期限でした。
そして、やまぐち街なか大学で講師を務めさせていただく日でした。

それらがすべて終わりました!

年度更新はかなり前に終わっていたのですが、算定基礎届が案外手間取ってしまい、こんなにギリギリになるとは思いませんでした。

職員が頑張って、確認のために一度紙に下書き&ダブルチェックして、1件に30分近くかかるような電子申請を何十件と提出していたら、時間があっという間に経ってしまいました。

正直、電子申請よりやはり紙での届出のほうが未だかなり楽です。

この不況の影響で、会社都合で休ませた場合の休業手当(労働基準法)が支払われている会社があったことに締め切り間際に気付き、お客さんにご迷惑と思いながら誰にいつ休業手当が支払われていたかを電話で確認して支給月を除外したりして、なんとか無事に提出することができました。

算定基礎届が締切に間に合わなくてもすぐに罰則ということはないのですが、期限がある仕事を何の理由もなく(単に多忙というだけで)遅延するのは事務所の体制に不備があると言っているようなものなので極力避けるべきで、職員にも連日遅くまで頑張ってもらいました。お疲れ様でした。

さて、来週からは通常業務に戻ることができます。

考えていることもあり、私の目標とする業務内容をすることができるように事務所の体制も整えていかないといけないと思っております。

まずは一段落…。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-11 05:52 | ブログ | Comments(0)

明日からの準備

明日から1週間は超多忙になるのがわかっているので、今日はそれ以外の雑用をしておりました。

午前中は家族でトイザラスへ娘のためにプールや水着などを買いに出かけ、その帰りにゆめタウンで昼食。

午後になって、自分の事務所の年度更新の申告や山口市からきた事業所アンケート記入、そして他のとある行政のモニターとして質問への回答などをして、明日以降これらで時間をとられないように準備万端です。

さて、ウィンブルドンもこの辺で観戦はお終いにして、明日に備えて休息します。

頑張りますよ。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-05 23:52 | ブログ | Comments(0)

今日の毎日新聞さんの朝刊でご紹介していただいた記事です。

インターネット版のURLはこちら
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090704ddlk35040467000c.html


新型インフルエンザ:社会保険労務士団体、小冊子作製 /山口
 ◇対処法や労務管理など紹介
 全国の社会保険労務士でつくる「リーガルネットワーク」が、経営者や企業の担当者に向け、新型インフルエンザの患者が身近に出た際の労務管理の方法を紹介する小冊子を作製した。県内の相談窓口の連絡先などを盛り込んだ山口版は、山口市の村上智宏さん(38)が担当。希望者に無料配布している。

 A5判28ページ。新型と季節性インフルエンザの症状の違いや予防のポイントなどを挙げ、具体的な質問に答える形で対処法を紹介。主なものは、▽使用者は法的に感染防止を講じる必要がある▽課長か部長級の担当者を設ける▽感染予防のマスク着用を義務づければ、会社は費用負担の必要がある▽社員が帰国時に検疫で隔離された場合、感染症法上の措置なので休業手当の支払いは必要ない--など。

 村上さんは「社員が発症したような場合、風評被害で大きな経営的打撃を受ける可能性もある。事業の存続にもかかわり、事前に対処方法を決めておくことが重要」と話す。問い合わせは、村上労務経営事務所(083・923・2526)。【井上大作】


新聞紙面も全く同じ記事になっております。

小冊子無料配布は継続中です。私のホームページに連絡先が記載されております。

よろしくお願いします。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-04 14:40 | ブログ | Comments(0)

今日、連絡をいただいたのですが、明日毎日新聞さんでうちの取り組みのことを紹介していただけることになりました。

明日の新聞が楽しみです。


さて、年度更新もほぼ無事終わり(そういえばうちの年度更新がまだだった)、いただいている仕事をこなしている最中ですが、もう社会保険の算定基礎届の届出締め切り(労働保険と同じく7月10日)が目前となりました。

来週いっぱいまで毎月の給与計算もあり、うちの事務所はてんやわんやかと思います。


そんな忙しい中、昨日、今日と社労士会の山口支部の理事の仕事で、75ページに及ぶ資料をコピー屋でコピーしてもらったものを総勢47名の支部会員へ送る作業をしておりました。

印刷屋さんが、何を思ったのか(何も思っていなかったのか)すぐに配れるように1部(1組)ずつにしておいてくれればよいのに、ページ毎にまとめてあるだけだったので、それを47部に作り上げる作業が超超超大変でした。安い印刷屋さんにお願いしたので仕方ないのかもしれませんが…。

なにせ総ページ数が1750枚を超える紙数です。
A4・2枚をA3・1枚に印刷したので、紙数は3500枚の半分の1750枚強ですみましたが、一枚ずつとって1部に仕上げるのが大変でした。

ページ数が多いため作業に広い場所が必要なので、応接テーブルの上で中腰になりながら作業していたら、弱っている腰にかなり響きました…025.gif

これで当分こういうことはないと思いますが、この忙しい時期にはご勘弁申し上げたかった…。


と愚痴を言ってますが、今週は新しい顧問先さんとの契約の話などもあり、嬉しいお話をいただけたら疲れも忘れられます。

また、かわいい家族にも癒されております。
もうしばらく忙しい時期が続きますが、乗り越える気力はあります。また、来週から頑張ります。
[PR]
by srmurakami | 2009-07-03 19:11 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。