やるせなさそうだ…

うちの奥さんに録画しておいてと言われて、録画しながら見たNHKの「8日目の蝉」。

6回シリーズで、今日が第1回目の放映ですが、やるせなさそうな雰囲気が充満していました。

今後は涙無しには見れないだろうなと思いながら、アマゾンの小説のレビューを見て、賛否両論がありますが読みたいなと思う小説でした。

さらわれた娘が大きくなった後の葛藤も重いものが想像されます。

起きた事象をどう捉えるかは個々の人間が決めるもので、人によって捉え方は様々で、起きた事象それ自体に良い悪いの意味は無く、意味をつけるのは自分であり、100%の幸せなど有り得ないものということと100%幸せは表裏一体ということを、さらわれた娘が成長して獲得して理解していかなければならないということを、勝手にストーリーを予測して感傷に浸っていました(笑。

読んでもいないのに…(笑
[PR]
by srmurakami | 2010-03-31 00:12 | ブログ | Comments(0)

急ぎの仕事

今日は期限がもうない仕事や、昨日急ぎということでご依頼いただきました起業する方の収支計画を作成しておりました。

このような時代でも起業される方は沢山いらっしゃいますし、その事業の形態もただただ拡大していくだけではない事業形態も増えています。

自分の好きな仕事で、自分の把握できる範囲で、事業を継続するやり方を選択するのも経営者の個性ですね。

私の事業の社会保険労務士や行政書士の事務所も経営者の個性に左右されるところが大きく、自分の手の届く範囲での経営をされている方も多くいます。

これも経営者の個性によりますが、提供するサービス内容が事業の形態によって違ってきますので、お客様の求めるところにより事務所を選択していただくことになると思います。

こういった事業の根幹を決めることができるのは経営者の大きな醍醐味ですね。
多種多様な事業があってこそ、社会の活力が生まれることでしょう。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-27 18:44 | ブログ | Comments(0)

うんざりの台詞

最近、毎日、毎日テレビで流されているニュースの中で、出てこないことが無い日が無い台詞があります。

「選挙のために…」

義挙のように本人は言っていても、「選挙で勝つのためにはこうでなければならない。」という台詞が出てくるだけでしらけます。


政治家の発想はまず「国民の将来の為に」でしょう。
その発想で行動してこそ、今の国民の支持が得られるでしょう。

「国民の為に政治をするには、まず選挙に勝たなければ何も出来ない。」と言う発想は、民間でいうところの「顧客のために仕事をするにはまず儲けなければならない。」と言っているようなもの。

それっておかしくないですか?

会社はステークホルダーのために利益を出してゴーイングコンサーンであらなければなりませんが、「先にうちをまず儲けさせてください。そしたらお客様の為に動きます。」なんていう会社はありませんよ。

どこの会社がそんなことを経営理念に挙げますか?

それを公然と言い放つ政治家には私はあきれ果てます。そんなことを言うのは政治屋と言っても良いでしょう。

気概を持っていない、または間違った気概に染まっている政治家を選択し続けている限り、日本の政治は変わらないでしょう。

そろそろ選挙が近いから人気が取れそうな政策は選挙前にやって、不人気な政策は選挙後にしましょう、という考えは本当に心から止めてもらいたい。

考えなければならないことは沢山あるのに時間の無駄ばかりくって、前に進む気が無いとしか思えない行動ばかり目に付く。

自民党の手法を民主党はやはりそのまま使うのか…。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-25 00:36 | ブログ | Comments(0)

次の仕事はと。

明日は顧問先さんのところで、スタッフミーティングに参加し、私もすこし時間をいただいて職場のルールに関するお話をしてまいります。

皆さん、社会人なら当然わかっているはずの大事な「職場の和」を乱すことが、自分勝手な職員の言動等により時折引き起こされます。

また、時々、職場における当然のルールと言うことをどこでも教えられなかったせいか、平気で破り周囲に迷惑をかける人がいます。

そのような職員が生じないように対する研修を行うことは有効なことです。


他の色々な目的をもった従業員研修、管理職研修も行うことがあります。

今後はこのような顧問先さんへのサービスを充実させていきたいと思います。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-23 23:33 | ブログ | Comments(0)

春来たる

庭に植えた金木犀、銀木犀の木が芽吹いてきました。
この寒い冬を耐えて、一斉に芽を伸ばしています。

また、植えてすぐに揚羽蝶の幼虫に全ての葉を食べられ、植えている盛り土が幾度も完全に凍りつく冬に見舞われ、枯れたかと思っていた小さな山椒の木も一斉に芽吹いてきました。

あのように小さな木でも強いものです。

桜の花もちらほら咲き、平成22年も春がやってきました。
寒い冬に縮こまっていないで、そろそろ羽を伸ばしましょう。


ところで、「アゲハ蝶」と言えば「ポルノグラフィティ」。
私と同じあの「ド・田舎」の広島県の因島出身で、あの音楽性をどうやって身につけたのか考えられない…。
みなさんぜひ応援してあげてくださいね。

あと、私の高校の一つ上の先輩、薬物事件から復帰している槇原敬之も応援してます。
(でも、最近の曲は聴いてないなぁ…。)
[PR]
by srmurakami | 2010-03-22 22:34 | ブログ | Comments(0)

幸福論

先日、長女と二人で隣市にあるマイカルシネマに行って、最近になって長女が好きになったプリキュアの映画を見てきました。

思ったより入場者が少ないのが気になりながら見ていましたが、子ども向けらしいストレートな話でした。

この映画の言いたいこと(話の柱)はとにかく「夢と希望をもってどのような状況でもあきらめるな」という事でしょうか。
大人になるとすぐにあきらめることが多くなりがちですが、それも良い面・悪い面があり、素直な子ども向け映画に何か教えられた気持ちがします。

しかし、娘はまだストーリーは理解していないでしょうけど(笑。


話は少し変わりますが、今日の日経新聞に各国の幸福度についての記事がありました。
幸福度については、色々な指標を使うが計測は実際は難しく(そりゃそうだろ)、実際には一人当たりのGDPに正相関している、というような記事だったかと思います。

社会における「人」を扱う商売の社会保険労務士としては、「人の幸福とは」については常に考えさせられるテーマです。

私の知識・経験から導き出された「人の幸福」というのは「絶対評価」です。
どのような状況であれ自分が幸福と思えば幸福なのです。
一人当たりのGDPが低い国の国民全員が自分は不幸と考えているとは思えないでしょう?

しかし、マジョリティーの人々において、自ら幸福の絶対評価を行う際の「評価項目」には「相対評価」から得られる項目が含まれることが多々あります。

それは、人と比べて自分はどうだ、という観点からの項目です。
それは人によってその「相対評価項目」が「絶対評価」の中での比重割合がかなり違うので、それらを一概に述べることはできませんが、他人によって人の幸福度が変わるのはその人にとって宜しくない傾向だと私は考えています。

また、それらは「妬み・嫉み」につながり、自らの望む幸せの方向(ベクトル)とは逆方向へ自らを向かわせる力を持った、マイナスのものだと思っています。

マイナスがたくさんあると幾らプラスがあっても、なかなかプラス方向へ大きく進むことは出来ません。自らの相対評価項目をどのように考えるかが、大人になる第一歩だと思います。

企業としても採用する若い人たちが「大人」になっていないためにトラブルが増えてきています。
そのあたりの教育も企業としては負担せざるを得ないコストになってきていることを考えて、労務管理を進めなければなりません。

突然自己都合で退職する社員、刑法にも触れる業務上横領を行う社員、セクハラ・パワハラを行う社員、自分勝手で職場を乱す社員、自分を会社は不当に認めてくれないと不平不満ばかり言って努力をしようとしない社員…。
このような従業員は、本当の大人になりきれておらず、子どものまま社会で働き、そして自らはなかなか幸福にはなれないものです。
子どもはほとんど「相対評価項目」ばかり評価しますから。


人のことは言えませんが、なかなか本当の「大人」になるのは難しく、大人になりきれていない人が社会で増えていると感じているのは私だけではないと思います。


困ったお年寄りが増えているのも、大人になりきれていない人が行う目に見える犯罪も含めて、社会に悪影響を及ぼして、本当の子ども世代に悪影響を与えているのを危惧しております。

そんな心配していないで、とりあえず、先ず隗より始めよですね。
昭王にはなれませんけどね。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-22 00:08 | ブログ | Comments(0)

全国区初出演か?

昨日の夕方のことですが、うちの奥さんが次女を連れて井筒屋の前を通りかかったところ、自民党の谷垣総裁がSPや地元の方や報道陣を引き連れていたそうです。

他に子ども連れが居なかったようで、うちの奥さんが人だかり(?)の外に居たらどんどん前に連れ出され、谷垣さんに「目が大きい子だね(その時、目が細いはずの次女が目をかっと見開いていたらしい)。大きくなれよ(もうかなり大きいんですけど…。一応女の子だし…。)。」と声をかけてもらったそうです。

報道陣が取り囲んでいたらしいので、もしかしたら昨日夕方のニュースでうちの奥さん達の姿も流れていたかも。

でも、谷垣さんの動向ってあまり最近報道されていないし、どうだろう。

もし放映されていたら生後3ヵ月で全国デビューだ(笑。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-20 17:27 | ブログ | Comments(0)

帰還です。

今日の夜に東京から帰ってきました。

感想は一言、疲れました。

明日から溜まっている仕事をこなす為に今日は早めに休みます。

ではまた。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-18 22:56 | ブログ | Comments(0)

初仕事

以前のブログでセクハラ・パワハラ防止コンサルタントの資格を取得して3月1日付けで登録をしたことを書きましたが、その初仕事が決まりました。

某所で行われる研修の講師依頼です。張り切って行きたいと思います。

書籍を購入して、勉強して、東京まで試験を受けに行った下積みの苦労(?)がこのような依頼で報われるような気持ちです。
(ちなみにこんな機会が無い限り入ることは無かったであろうあの有名なお茶の水女子大学に初めて入りました。試験会場だったので…。)


さて、今年も某国家試験を受けようと考えてますが、勉強は遅々として進んでおりません!(笑

しかし、一歩でも二歩でも勉強が進められるように、これからでも勉強したいと思います…。

お客様へのサービス向上として何が出来るか、事務所体制の構築もその一つであり、色々としないといけないことは今でもありますが、長い道のりとして先を見ながら何事も一歩一歩をとにかく前に進みたいと思います。

現場の忙しさにかまけて、将来を見据えた行動が疎かになると、あとからが大変になりますから。
お客様へのサービス向上も止まってしまうことがありえますし。
(といいながら、十分な行動が出来ているとは宣言出来ませんが。)

ちなみに明日と明後日の2日間に渡って、上記の事柄たちとはまったく別のことで東京に出張に行きます。
お客様にはご迷惑・ご不便おかけして申し訳ありません。
事務所にお電話いただくか、携帯のほうへ留守電を入れていただければ折り返しお電話いたします。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-16 23:04 | ブログ | Comments(0)

ひどい雨でした。

今日は朝から風が強く、雨もかなり降り、ひどい天気でした。

午後には山口市から防府市へ移動したのですが、昨年の豪雨災害のために累積降雨量が一定以上になれば通行止めになると掲示されているので帰れるかどうかちょっと心配になりました。

(実際の累積降雨量はたいしたことは無かったかもしれませんが。)


話は変わりますが、今日はインターネットバンキングが出来る口座の開設申し込みをしました。

セキュリティの問題がありそうなイメージがあり、まだまだ使う気はあまりなかったのですが、時代の流れに負けて(?)便利なことが多いのでついに作ることにしました。

ただ、あまりその口座にはお金を沢山置く気はありません。
それ以前にたくさんお金がありませんが(笑。

お客様へのサービス向上にも一役買うものなので、これからはうちも楽をしながらほんの少しですがお客様へのサービス向上もできる一石二鳥のお役立ち口座になるのではないかと期待しています。
[PR]
by srmurakami | 2010-03-15 23:16 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30