【告知】 募集中

当事務所は、現在正社員を募集しております。

10年でも20年でも良いので、長く勤めてもらってスキルアップしてもらおうと考えていますので、未経験者でも可です。

一から全て教えます。

給与は最初は高くないですが、将来はうちの事務所の成長次第なので、一緒に頑張ってもらえる人が欲しいと思っています。

詳しくはハローワークにて…。



企業を育てる労務管理相談、社会保険・労働保険手続、就業規則、労災特別加入、是正勧告対応、助成金、医療機関の労務管理のご相談は当事務所へ! 【村上労務経営事務所】(営業エリア:山口県内全域…山口市・下関市・宇部市・山陽小野田市・防府市・萩市・長門市・周南市・下松市・光市・岩国市)

低料金、安心・確実な給与計算代行のことならこちらへ! 【やまぐち給与計算センター有限会社】
[PR]
by srmurakami | 2010-07-31 00:10 | ブログ | Comments(0)

セミナー講師

昨日は、1日に90分×2回の合計3時間のセミナー講師の仕事をしてきました。

少しでも面白い話を入れながらと思いながらも、いつものように喋ってしまって、眠い人には眠い話になってしまったなと反省しております。

さすがにこれだけ人前で話す機会が増えると、かなりあがり症の私でもそんなにあがらずに話ができるようになってきました。

9月のセミナー(というより講義かな?)の予定もすでにいただきました。
少しずつでも話力をレベルアップして、興味があまりない人にも聞いてもらえるようなしゃべりを身に付けて行きたいと思います。



企業を育てる労務管理相談、社会保険・労働保険手続、就業規則、労災特別加入、是正勧告対応、助成金、医療機関の労務管理のご相談は当事務所へ! 【村上労務経営事務所】(営業エリア:山口県内全域…山口市・下関市・宇部市・山陽小野田市・防府市・萩市・長門市・周南市・下松市・光市・岩国市)

低料金、安心・確実な給与計算代行のことならこちらへ! 【やまぐち給与計算センター有限会社】
[PR]
by srmurakami | 2010-07-30 23:47 | ブログ | Comments(0)

大風呂敷

暑ーい日が続いております。

あまりに暑いので、事務所でも自宅でも結構エアコンを入れていたところ、どうもクーラー病になっていたようでエアコンの効いた部屋にいると気分が悪くなってきたので、今日の午後はなるべく暑いまま汗をかくようにして体調を戻そうとしておりました。

さて、私と言えば、算定基礎届と年度更新が終了し、一息つくところではありますが諸々の仕事をご依頼いただいておりまして、相変わらずの日々を送っております。


そのような日々ですが、今後の社会情勢を考えると、このままの事務所のままで良いのかという自問がいつも頭の中から消えることはありません。

社会保険労務士の主たる業務である社会制度が根本的に変わることもありえますし、経済情勢はといえば海外への産業移転で国内産業の空洞化は必然で、更に少子化・人口減での国内市場の飽和・縮小が進みつつあります。

少し先の未来も読みづらい情勢です。

そのような事業環境の中で、今のままの事業スキームで良いのかと疑念を持たざるを得ないのは仕方ないことでしょう。
これは社会保険労務士業のみならず、すべての業種でいえることです。

いわゆる「開業本」という本が世間ではマイナーである社会保険労務士業についても沢山出版されており、それらの本を今でも興味深く読むことがある私ですが、ある方の本には「儲けたいなら社会保険労務士業はやめて違う事業をしたほうが良い。社会保険労務士で開業するのはそれ以外のやりがいを求めるものである。」という意味のことを書かれている方もいました。

私もそれは同感です。
大きく儲けたいなら、物販など当たれば大きい事業のほうが良いと私も思います。


社会保険労務士としては、それ以外のやりがいを求めて開業すべきだと私も思います。
でも、やりがいだけで終わってよいのか?という疑問も至極当然に発生します。

先ほど書きましたが、社会保険労務士は世間ではマイナー、つまりその存在と仕事の内容を知っている人の方が圧倒的に少数派だと実感では思います。

社会保険労務士の企業へ何らかの形でかかわっている率(関与率)も少数派で、実感では3割程度(統計的には4割くらい?)です。
ちなみに税理士さんとかでは9割以上の企業に関与しているはずです。

なぜ、社会保険労務士はマイナーなのか?

その根本的な理由として第1に考えるのは、社会での必要性が低いのでは?ということです。

これは、社労士としてはかなりショックな事実です。
自分の仕事が社会に必要とされていないとするならばそれだけでショックですし、そのような社会で社会保険労務士としてやりがいなんて求めることが出来るのでしょうか?


しかし、私の開業から満7年の経験から言うと、社会保険労務士が必要とされているビジネスシーンはまだまだ沢山有ります。
そこにはやりがいを感じる仕事がたくさんあるはずです。

問題は、ビジネスのスキームの問題で、世に普及している社会保険労務士事務所のビジネススキームでは、貧乏暇無しの状態か仕事が無い状態かの2者択一状態が多いのではないかと思います。


そのような概観を抱きながら、過去に社会保険労務士事務所に勤務経験が無いことが私にとっては逆に良かった、チャンスだと思います。

なぜなら、私のしたい仕事(作り上げたい事務所)の観点は、それら他の社会保険労務士事務所の業務(ビジネススキーム)に囚われることが無いからです。


開業から7年の経験から考えてみるに、開業本では「社会保険労務士業で(年商)1000万円!」みたいなキャッチフレーズがありますが、私の本当にしたい仕事=本当に提供したいサービスが提供できる事務所が出来るのであれば、年商なんかは5千万とか1億でも可能だと本当に思っています。
(でも、この数字自体が他の事業から比べれば小さいのも原因があるので、あれですが…)

労働分配率は高くならざるを得ないと思いますが。
従業員数は20人以上?


現在は私を含めまだ総勢5人の事務所ですが、あと何倍もしないと到達できない目標を掲げる大風呂敷を広げてみて、さて、どうすべきか日々仕事をしながら考えて行ってます。


お手並みを拝見か?(誰のことでしょう?後発組を目指すのか?)



企業を育てる労務管理相談、社会保険・労働保険手続、就業規則、労災特別加入、是正勧告対応、助成金、医療機関の労務管理のご相談は当事務所へ! 【村上労務経営事務所】(営業エリア:山口県内全域…山口市・下関市・宇部市・山陽小野田市・防府市・萩市・長門市・周南市・下松市・光市・岩国市)

低料金、安心・確実な給与計算代行のことならこちらへ! 【やまぐち給与計算センター有限会社】
[PR]
by srmurakami | 2010-07-25 23:50 | ブログ | Comments(0)

木が枯れないように

木が枯れないようにするための投稿です。

色々と考えさせられることはあるのですが、また今度書きます。
[PR]
by srmurakami | 2010-07-22 00:27 | ブログ | Comments(0)

社会保険の算定基礎届も全て終わり、今まで手が回っていなかった業務を粛々とこなしております。

算定基礎届とは、ご存知のとおり1年に1回、会社に勤務する社員の給与(4月・5月・6月に支払われた給与)を届出して、その3ヶ月の平均額によってその年の9月分から1年間の社会保険料(健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料)を決定するための届出です。


なので、この4月~6月に貰う給与に残業代が多い時には、社会保険料が1年間高いまま続くことになります。(随時改定が無い限り)


ところでこの4月・5月・6月の給与を合計して平均額を出す計算ですが、この3ヶ月に欠勤が多くて、支払基礎日数(=所定労働日数-欠勤日数など)が17日未満の場合は、その月の給与は合計にいれずに平均額を出します。

例えば、月給の場合、

4月 支払基礎日数15日(所定労働日数22日-欠勤日数7日) 給与額21万
5月 支払基礎日数30日  給与額30万
6月 支払基礎日数31日  給与額30万

とすると、平均額は5月と6月の合計を2で割って、平均額は30万円となります。
(4月は支払基礎日数が17日未満のため除外する)


ところで、次のような場合はどうでしょう?

(20日締め、25日払いの会社の場合)

※4月1日入社の社員
4月 支払基礎日数17日(4月1日~20日までの所定労働日数) 給与額21万(17日分の日割計算)
5月 支払基礎日数30日  給与額30万
6月 支払基礎日数31日  給与額30万


“昨年までは”この場合4月~6月の合計の平均27万円となる。

しかし、“今年からは”5月と6月の合計の平均額30万円となる!

なぜなら、今年からは、4月は入社月だから17日以上あっても通常月ではないので除外するから!


これを聞いたときは私はちょっと切れました。

遡ること一昨年、当時の某社会保険事務所の某課長さんから「入社月は17日以上あっても除外しろ」と言われ、昨年はそことは違う某社会保険事務所から「そんなことも知らないのですか」といったニュアンスで入社月も17日以上あれば含めるように言われ、そして今年はまたこれですか…。

一昨年調べた際には、かなりの数の他都道府県では「入社月は17日以上あっても除外」というルールがあったので、私も当然そうなるのが理屈にあうと思っていたが、「山口県のルールは17日以上あれば含める!」と何も知らない山口県の複数の社会保険事務所の職員は強硬に言い張っていた。

それが1年でがらっと変わった。

「(昨年までと違って)これからは事務センターで事務を統一してするので、事務センターとしてはその場合は17日以上あっても入社月を除外する取り扱いに統一している。」

昨年までと言っていることが違うといってもこの答えでした。

そのルールの変更のアナウンスはきちんとしたのでしょうか?

恐らく現在の多くの会社では、まだ取り扱いはばらばらですよ。変更になったので言いづらかったのでしょうか?
じわじわと浸透させる気ですか?

4月入社って未だ結構多いんですよ。
不公平があってはいけないと思いますよ、日本年金機構さん。




企業を育てる労務管理相談、社会保険・労働保険手続、就業規則、労災特別加入、是正勧告対応、助成金、医療機関の労務管理のご相談は当事務所へ! 【村上労務経営事務所】(営業エリア:山口県内全域…山口市・下関市・宇部市・山陽小野田市・防府市・萩市・長門市・周南市・下松市・光市・岩国市)

低料金、安心・確実な給与計算代行のことならこちらへ! 【やまぐち給与計算センター有限会社】
[PR]
by srmurakami | 2010-07-14 22:46 | ブログ | Comments(0)

明日までの仕事

昨日と今日とフルで事務所にこもって仕事をこなしておりました。

年度更新は相談も含めて全て終わり、算定基礎届も予定通りに昨日で電子申告分はほぼ全て終わり、紙で申告分も昨日と今日でチェックを全て終え、なんとかまとめあげました。

明日の半日(3時間)もあれば残りの全てを終わらせることが出来るでしょう。

算定業務が終わっても次なる仕事は山と抱えているのですが、先週末・今週末と年度更新と算定業務で休みがほとんどなかったので、来週末はさすがにちょっと休みを欲しいと考えています。



企業を育てる労務管理相談、社会保険・労働保険手続、就業規則、労災特別加入、是正勧告対応、助成金、医療機関の労務管理のご相談は当事務所へ! 【村上労務経営事務所】(営業エリア:山口県内全域…山口市・下関市・宇部市・山陽小野田市・防府市・萩市・長門市・周南市・下松市・光市・岩国市)

低料金、安心・確実な給与計算代行のことならこちらへ! 【やまぐち給与計算センター有限会社】
[PR]
by srmurakami | 2010-07-12 00:48 | ブログ | Comments(0)

枯れかけている

木を復活させるための投稿です。

また後ほど。
[PR]
by srmurakami | 2010-07-11 15:57 | ブログ | Comments(0)

面白そう。

ワールドカップの日本戦は、全てライブで夜中も見ましたが、今日の試合のアルゼンチンVSドイツも面白そうです。

開始早々、ドイツが1点先取しましたが、さてアルゼンチンの反撃・ドイツの追加点はどうなるでしょう。


さて、今日は期限が近づいているので算定基礎届の業務を粛々とこなしておりました。

事務所の職員が作成している下書きが間違いないかのチェックや総括表・付表を清書したりしただけなのに、午前中から午後7時までかかって20社くらいしかできませんでした…。

比較的従業員さんが少ない顧問先さんを選んで先に手続きしていたのに、それでもこの状況では、あと何百人もの届出ではあと何日かかることでしょう。

来週一杯まで提出期限はあるので(正確には12日(月)まで)、間に合うことは間違いないと思いますが、その業務量を考えるとちょっと疲れました。

サッカーを見て、鋭気を養いましょう。


企業を育てる労務管理相談、社会保険・労働保険手続、就業規則、労災特別加入、是正勧告対応、助成金、医療機関の労務管理のご相談は当事務所へ! 【村上労務経営事務所】(営業エリア:山口県内全域…山口市・下関市・宇部市・山陽小野田市・防府市・萩市・長門市・周南市・下松市・光市・岩国市)

低料金、安心・確実な給与計算代行のことならこちらへ! 【やまぐち給与計算センター有限会社】
[PR]
by srmurakami | 2010-07-03 23:50 | ブログ | Comments(0)

7回目

いよいよ算定基礎届の期限が近づいた7月1日となりました。

開業満7年です。

先日、山口での開業の時にお世話になった義理の叔父が亡くなりました。
山口に来たばかりの7年前は、私は義父の家に居候していて、叔父は隣家でまだ元気に家族で事業をしていました。

2~3年前くらい(?)に道路拡張のためにすぐ近くに家を移転新築した際にこれを機にということで引退されて、悠々自適に過ごされていました。あまりにも残念でなりません。

短気な私からは想像も出来ないほど優しい方であったようで、40年間の夫婦生活で一度も喧嘩したことが無いという温厚な方で、人間性に厚みも幅もある方でありました。

ちょっと余裕がなくなるとすぐに表に機嫌が出る私とは雲泥の違いです。


年月の過ぎる速さを実感して、あと20数年、悪ければもっと短いかもしれない自分の人生にも思いを馳せながら、開業から8年目のスタートを切りました。

自分の人生があと10年しかないとすれば何をするか。いや、1年しかないとすればどうするか。

急がしいを何もしない口実としないような1日1日を過ごしたいと思います。
[PR]
by srmurakami | 2010-07-02 00:26 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。