<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1年前と比べて…

下記は、1年前の平成22年7月の投稿の再掲です。

1年たってなんら進歩していないな…。



**********************


暑ーい日が続いております。

あまりに暑いので、事務所でも自宅でも結構エアコンを入れていたところ、どうもクーラー病になっていたようでエアコンの効いた部屋にいると気分が悪くなってきたので、今日の午後はなるべく暑いまま汗をかくようにして体調を戻そうとしておりました。

さて、私と言えば、算定基礎届と年度更新が終了し、一息つくところではありますが諸々の仕事をご依頼いただいておりまして、相変わらずの日々を送っております。


そのような日々ですが、今後の社会情勢を考えると、このままの事務所のままで良いのかという自問がいつも頭の中から消えることはありません。

社会保険労務士の主たる業務である社会制度が根本的に変わることもありえますし、経済情勢はといえば海外への産業移転で国内産業の空洞化は必然で、更に少子化・人口減での国内市場の飽和・縮小が進みつつあります。

少し先の未来も読みづらい情勢です。

そのような事業環境の中で、今のままの事業スキームで良いのかと疑念を持たざるを得ないのは仕方ないことでしょう。
これは社会保険労務士業のみならず、すべての業種でいえることです。

いわゆる「開業本」という本が世間ではマイナーである社会保険労務士業についても沢山出版されており、それらの本を今でも興味深く読むことがある私ですが、ある方の本には「儲けたいなら社会保険労務士業はやめて違う事業をしたほうが良い。社会保険労務士で開業するのはそれ以外のやりがいを求めるものである。」という意味のことを書かれている方もいました。

私もそれは同感です。
大きく儲けたいなら、物販など当たれば大きい事業のほうが良いと私も思います。


社会保険労務士としては、それ以外のやりがいを求めて開業すべきだと私も思います。
でも、やりがいだけで終わってよいのか?という疑問も至極当然に発生します。

先ほど書きましたが、社会保険労務士は世間ではマイナー、つまりその存在と仕事の内容を知っている人の方が圧倒的に少数派だと実感では思います。

社会保険労務士の企業へ何らかの形でかかわっている率(関与率)も少数派で、実感では3割程度(統計的には4割くらい?)です。
ちなみに税理士さんとかでは9割以上の企業に関与しているはずです。

なぜ、社会保険労務士はマイナーなのか?

その根本的な理由として第1に考えるのは、社会での必要性が低いのでは?ということです。

これは、社労士としてはかなりショックな事実です。
自分の仕事が社会に必要とされていないとするならばそれだけでショックですし、そのような社会で社会保険労務士としてやりがいなんて求めることが出来るのでしょうか?


しかし、私の開業から満7年の経験から言うと、社会保険労務士が必要とされているビジネスシーンはまだまだ沢山有ります。
そこにはやりがいを感じる仕事がたくさんあるはずです。

問題は、ビジネスのスキームの問題で、世に普及している社会保険労務士事務所のビジネススキームでは、貧乏暇無しの状態か仕事が無い状態かの2者択一状態が多いのではないかと思います。


そのような概観を抱きながら、過去に社会保険労務士事務所に勤務経験が無いことが私にとっては逆に良かった、チャンスだと思います。

なぜなら、私のしたい仕事(作り上げたい事務所)の観点は、それら他の社会保険労務士事務所の業務(ビジネススキーム)に囚われることが無いからです。


開業から7年の経験から考えてみるに、開業本では「社会保険労務士業で(年商)1000万円!」みたいなキャッチフレーズがありますが、私の本当にしたい仕事=本当に提供したいサービスが提供できる事務所が出来るのであれば、年商なんかは5千万とか1億でも可能だと本当に思っています。
(でも、この数字自体が他の事業から比べれば小さいのも原因があるので、あれですが…)

労働分配率は高くならざるを得ないと思いますが。
従業員数は20人以上?


現在は私を含めまだ総勢5人の事務所ですが、あと何倍もしないと到達できない目標を掲げる大風呂敷を広げてみて、さて、どうすべきか日々仕事をしながら考えて行ってます。


お手並みを拝見か?(誰のことでしょう?後発組を目指すのか?)
[PR]
by srmurakami | 2011-07-31 23:21 | ブログ | Comments(0)

洗車

今日は暑い日中を避けて、朝と夕方に車2台の洗車をしておりました。


まず朝は職員用の営業車。

まず、シャンプー洗車して、小傷や水垢を取るために全体をコンパウンドで磨き、さらに全体にワックスがけ。
(ヘッドライトの傷・水垢取りは昨夕に処理済。処理前に比べたら格段に白くなりました。)

これだけで右肩がかなりつらくなりましたが、新車からの経過年数が1~2年くらい戻ったくらいには綺麗にはなったので良しとしよう。


夕方は、私の営業車。

同じくシャンプーして、ワックスがけ。
小傷取りのコンパウンドは先週したので省略。

くたびれました。

来週はもうしないぞ。


(今日はたわいのない日記)
[PR]
by srmurakami | 2011-07-31 23:07 | ブログ | Comments(0)

成長

二人の娘の成長が最近楽しいこの頃です。

はやくも4歳になった長女は、かなり話が通じるようになり、もうすぐ2歳になる次女もこの数週間で急に話が通じるようになってきました。

「パンツ(おむつ)持ってきて」というと持ってきたり、自分でたんすから服を持ってきて着ようとしたり、飲み物や食べ物がほしいときははっきりと意思表示できるようになってきました。

そのぶん、魔の二歳で、何かを拒否するときの「いやいや!」も強烈になってきましたけど(笑。

自分が年をとっていき、この世からいなくなることが確実に近づくにつれ、子どもの成長や子どもの未来があることが本当に幸せと思う年齢に私もなってきました。

子どもの未来のためにできることを少しでもやっていきたいと思っています。

自分がおそらくそうであったように、子どもは夢と希望のかたまりであり、可能性のかたまりです。
実績や経験が無い反面、可能性と未来が溢れています。

それが羨ましいですね。


私も子どものころは自分の可能性を信じ、現実にはできないこと、うまくいかないことだらけの中で、自分はこんなものでは終わらない、もっとできるんだと心の底では思っていました。

若気の至りで、自分の力や能力を過信して。
現実はこんなものですけど(笑。

しかしそれは悪いことではなく、自分を信じることは大変よいことだと思います。
自分の娘たちにも、自分のことを信じることを教えたいと思います。

そして、「なにくそ!」という反骨心をもって頑張って生きてもらいたい。


さて、私にもまだしばらく時間(可能性)があるわけで、まだまだ自分が望むような社労士事務所にはなれていないので、「なにくそ!こんなもので終わるものか!」という気概でやっていきましょう。

馬鹿にされたまま終わせずに(別に誰かに馬鹿にされているわけではなく、満足していない自分の心が感じているだけの話です。)
[PR]
by srmurakami | 2011-07-31 00:32 | ブログ | Comments(0)

気に入ったフレーズ

今、営業車の車中で聞いているのはドリカムの震災チャリティーベストです。

普段から最近の曲を聴いているわけではないので、少し前の曲でも初めてじっくり聞いたという曲ばかりです。

その中で気に入ったフレーズが二つあります。

一つ目は、
1万回ダメでかっこわるくっても 1万1回目は何か変わるかもしれない
1万回ダメで望みなくなっても 1万1回目はくる
明日がその1万1回目かもしれない
というフレーズ。

二つ目は、
大丈夫、もう最悪のときは過ぎているから
というフレーズ。

落ち込んでいる時には心に響くフレーズです。

最近、ちぐはぐなことばかりで、少々落ち込み気味です。
年度更新と算定の疲れの後遺症をまだ暫く引きずってそうです。

明日が1万1回目の日でありますように…。
[PR]
by srmurakami | 2011-07-21 23:38 | ブログ | Comments(0)

あきらめない強さ

日本で多くの方が言っていますが、なでしこジャパンのワールドカップ優勝は凄かったですね。

関連の新聞記事などを見ていると何度でもうるうると涙が出てきます。


まず1点を先制されたとき、それまでのアメリカチームのプレーを見ているとこのまま終わるのではないかと1回目のあきらめ。
同点となり、延長戦に入って再度アメリカに勝ち越された時、やはりという2回目のあきらめ。

私の勝手な読みによるあきらめをことごとく覆しての勝利にはとても感動しました。

なでしこジャパンメンバーは先行されても試合終了まであきらめなかった、勝つ(勝てる)と思っていた。
これが最終的な勝因ではないかと。


今回のことで、人間(私)は経験を重ねると先を読んで(読むことが出来るようになって)、努力しなくなる・あきらめるのが早くなることをこの試合を見ていて実感しました。

過去に何度となく日本代表のサッカーチームの海外での試合を見ていると、その負け方をパターン化して刷り込んでしまって、すぐにあきらめてしまったのです。

信じて先を考えない、がむしゃらな姿勢(応援する姿勢)が無くなっているのです。

何かをなそうとするには、このがむしゃらな姿勢が必ず必要だと改めて強く思いました。


私は、今回なでしこジャパンに学ばせてもらえたことを糧に、様々な課題にあきらめずに取り組んで頑張りたいと思います。

社会保険労務士としての仕事柄、プレイヤーではなくアドバイザー(批評家)の視点になることが多いのですが、これからは自身がプレイヤーとしてガンガンやっていきます。
[PR]
by srmurakami | 2011-07-20 00:03 | ブログ | Comments(0)

年度更新と算定基礎届という社労士の2大業務が終了してほっとしています。
まだ今週が期限の仕事がありますが、これを乗り越えれば少し気が楽になります。

しかし、最近立て続けに顧問先さんで深刻な労災事故が発生し、通勤災害なので労働者死傷病報告はしなくても良いのですが療養の給付をかなりの件数の病院・診療所と調剤薬局に提出しなければなりませんし、第三者行為災害もありますし、暫くすれば休業給付の請求をしなければなりませんので、少しばたばたします。

そうこうしているうちに昨年の労災事故の関係で今年にも休業期間が発生したので休業補償給付(こちらは業務災害)の手続があったり、最近労災につかまっております。

仕掛り業務で、就業規則改定、年金裁定請求業務、助成金業務、相続業務、産廃収集運搬許可、医療法人の毎年の登記完了届、医療法人設立、3件の経営事項審査&入札参加申請がありますが、それ以外に飲食店の営業許可、深夜酒類提供届、医療法人定款変更、建設業許可2件などは申請・届出が終わりあとは結果待ちで、かなり肩の荷が下りた気分です。

衛生委員会関係の資料作成、障害者雇用の参考資料提供、新規事業立ち上げの方の諸相談、新しい顧問先さんの状況把握など気になるご相談業務もあり、時間が足りない状況はまだ続きそうですが…。


相変わらずこんな感じなものです。はい。


ちなみに現在、求人を2件出しています。両方パートですが、1件は社労士有資格者、もう1件は給与計算業務経験3年以上というものです。

応募お待ちしております。
[PR]
by srmurakami | 2011-07-13 23:41 | ブログ | Comments(0)

山を越えました。

ついに社会保険の算定基礎届業務が山を越えました。

提出期限の明日に少し作業が残っていますが、うちで出来る部分は全て終えました。
95%完了といったところです。

この1ヶ月ばかりは、日中にはする時間が無いので昼間の業務後の夜と土曜日、日曜日を労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎届にあてていたので、ようやく気分的に落ち着いてゆっくりと過ごすことが出来そうです。

この1ヶ月で300時間は働いたでしょう。
一日最低で10時間~13時間くらい×30日は働いたと思います。

労働者であれば、これでうつ病になればきっと労災認定もらえます。


今年も誓うのですが、来年の年度更新と算定基礎届は絶対にもっと楽に終わらせます。

ここ数年、売上規模の上昇と忙しさ度合いの上昇とのバランスが崩れています。
忙しさの上昇がかなり上回っています。


事務所の体制を早く構築し、負担を減らさなければ数年で私はきっと倒れて事業に支障が生じることでしょう。
(数年ももたないかも…)


まずは以前からいただいている業務を今週頑張って少しでも早い業務完了を目指し、その後に色々と考えましょう。

とにかく、お疲れでございました。
[PR]
by srmurakami | 2011-07-10 23:48 | ブログ | Comments(0)

半期経過

決算期が12月のうちにとっては、今年も半期が過ぎました。

あまりにも色々ありまして、ブログも途絶えておりました。

6月後半は、1日おきに新たな仕事が舞い込むような忙しさで、しかも期限がほとんど無いようなご依頼もままあり、社労士事務所の1年間での一番の繁忙期である年度更新と算定基礎届の提出期限と重なり、まさに過去に無い忙しさでした。

ついに先週末には、体調不良も重なり全身に蕁麻疹が出て、体の20~30%のあちこちが赤く浮腫となり、かゆいのなんの。

皮膚科にてステロイド内服、抗生物資、抗アレルギー剤2種類を処方して頂いて、ようやく今日はほぼ蕁麻疹が出ませんでした。


年度更新は先週で完了しておりますので、これから来週月曜日まで算定基礎届一色になりそうです。

今週の平日は、1日に5件~10件くらいは算定基礎届を完了したかったのですが、色々なご依頼・ご相談に対応しておりましたらそれもままならず、あせります。

職員が下書きをほぼ終えているので、あとは私がチェックして届出を完了させるだけですが、私のスケジュールからは、やはり土日にかけるしかないという状況の中、自社の源泉税の納付など、期限があるものもしなければならないし…。


いつものように何のおちも無い話で終わりましたが、まぁそのような状況ですというご報告でした。
[PR]
by srmurakami | 2011-07-06 21:11 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31