11月終了そして12月

ついに今年も11月が終わってしまいました。いつの間にやらブログを書くのも間が空いておりました。

今年を回顧する時期になり、色々とあったことを思い出します。

うちの事務所も開業から8年経ち、色々な事業所様からお声をかけていただき、あれやこれやでなんとかやってきました。

今では私一人で事務所をやっていたころには出来なかったような数百人規模の企業様から手続業務と給与計算業務と相談業務を受けており、今年も新たな数百人の事業所様から手続と給与計算業務と相談業務の打診を受けたりして、ご依頼がなくともそれだけの事務所になってきたんだなとうれしく思っている次第です。

当然、役員だけでされている規模の会社のお客様もいらっしゃいます。
当事務所では業種では医療、福祉、サービス業、建設業などの企業様からのご依頼が多い状況ですが、企業の規模に関係なく、様々な業務依頼に応じておりますのでお気軽にご相談ください。

来年へ向けて事務所のブラッシュアップを進めて、ご期待にきちんと応え続けることができるよう頑張ります。

私も41歳になり、蕁麻疹や手荒れなどびみょーに体調がすぐれないのですが、以前やっていたように土日や夜に仕事を頑張ることもできます。まだまだやれますよー。

また、労務管理に関する諸問題を深く掘り下げ、公共に貢献するためにも、山口県の男女共同参画審議会の委員に就任したり、セクハラ・パワハラ防止コンサルタント(21世紀職業財団認定)としてのセクハラ・パワハラ防止研修会講師業務に取り組み、山口県弁護士会さんの仲裁センターの各種専門家として社労士の専門委員候補者(仲裁人の補佐業務として、事例によって候補者の中から専門委員が選任されます)にこの12月から登録されるなどし、来年も様々な活動に取り組み自己研鑽にも努めたいと思います。

ということで、ブログ更新がままならないですが、陰ではこそっと色々な活動をしていることを言いたかっただけです(笑。

まだまだ色々な人たちのために、私は頑張らなければなりません。
[PR]
by srmurakami | 2011-11-30 22:59 | ブログ | Comments(0)

今月のCD②

今月2回目のCDが届きました。

今回は、前回借りたポルノグラフィティのベストのもう一枚、
PORNO GRAFFITTI BEST ACE

ともう一枚、高校の先輩、槇原敬之の
Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE

槇原敬之さんは私の母校の大阪府立春日丘高校の一学年上の先輩で、歌も昔から好きでCDもかなり買っていました。

まだまだ頑張ってもらいたいものです。
もとい、頑張ってください。
幾ら頑張っても足元にも及ばないですが、分野も違えど私もまだまだ頑張ります。
[PR]
by srmurakami | 2011-11-14 22:42 | ブログ | Comments(0)

車ぶつけました。

今日は午前中予定通りに外を回ってきて、機嫌よく事務所の駐車場に車を入れようとしたらドン!

やりました。

道路の縁石に乗り上げてしまいました。

車も傷つけ、しかもタイヤが1本パンク・・・・。

車がないと困るので、とりあえずお客さんの会社に電話して、タイヤを交換してもらって走れるようにしてもらいました。
急な話に対応していただいて、うちまで来ていただきありがとうございました。

前回バンパーをこすって修理した時にあれほど気をつけないといけないと思っていたのに。

のど元すぎるとなんとやらですね。

タイヤは交換したけど、さて、傷はどうしようかな・・・。
[PR]
by srmurakami | 2011-11-09 23:35 | ブログ | Comments(0)

働くうえで大切なこと

今まで何度となく感じてきたことを、今日もお客様からご相談があった件で考えています。

一本筋が通った行動をとるためには、原則というものを理解して、例外を考えなければなりません。

でも、その原則を理解せずに行動しているとしか考えられない人が、私が仕事の場としている雇用の現場では悲しいことに沢山います。


経営者の人が従業員を雇用する、従業員の人が就職するに当たっては、雇用契約が存在します。

でも、雇用契約って何でしょうか?
皆さんお考えのとおり、それは「働く」契約のことです。
(対価がどうとか細かい定義は省略します。)

その雇用契約は法律である民法で定められています。
民法は民間同士のやり取りを規律する法律で、雇用契約以外にも売買契約・贈与契約など合計13種類の典型契約が定められており、それ以外の非典型契約もあります。

では、雇用契約を含む「契約」ってなんですか?

皆さんご存知のとおりそれは「お互いに取り決めたこと、約束事、合意事項」ですよね。
(法律的にはそうではない契約もあります。)

ではその契約をする当事者同士はどうして契約が出来るのか?

それはお互いを信頼しているから契約できるのです。
信頼していない人となんか普通契約なんかできません。

雇用契約の現場では、事業主と従業員間で信用・信頼が無いと契約が出来ないのです。
就職時にはお互い未知の部分も多いため、その後の行動で信頼関係を築かないといけませんが、基本的に採用・就職時にはある程度相手を信用・信頼しているはずです。

そのため、雇用後はお互いに信義に則った行動が必須となります。
その信義を大きく欠いた行動をとる人は、事業主にもなれませんし、もちろん従業員にもなる資格はありません。

そういう人は、人を雇う事業主にもならずに、また、人に雇われることも無く、一人でどこかで事業をしていてくださいということです。


業務の指示命令に従わない、突然会社に連絡もせずに雲隠れするなど、自ら望んだ契約(信頼)を踏みにじり、人の迷惑を顧みないような人は契約を結ぶ資格はありません。

会社側が先に大きく信義を欠いた行動をとっていれば別ですが、そうではないこともあるようです。

このような行動を取る人は、自分で自分をどう思っているのでしょうか?
自分は正しいんだ、そんなの当然だと考えているのでしょうか?

そんなことをするような自分でも、次のもっと良い職場に就職できるんだと考えているのでしょうか?

そう思っていたら、それは大いなる勘違いだと誰か諭してあげてください。

もっと良いやり方がありますからと。
[PR]
by srmurakami | 2011-11-07 23:10 | ブログ | Comments(0)

今月のCD①

今日届いたCD2枚。

1枚は、ポルノグラフィティの PORNO GRAFFITTI BEST JOKER 。

もう1枚は、徳永英明のVOCALIST & BALLADE BEST (2枚組み)。


私の生まれた広島県因島市(現在、尾道市因島)出身のポルノグラフィティは、同郷ということで応援しています。

あのような田舎の地によくあんなアーティストが生まれたものだと感心しています。
[PR]
by srmurakami | 2011-11-03 23:02 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30