手足がふらふら

昨年もこの時期同じ状態だったようですが、今年もなりました。

風邪です。

まず子どもから症状がでました。せき・鼻水は以前からしていたのですが別の風邪にかかったのか、先週金曜日の朝4時ごろに寝ていたらいきなり嘔吐しました。
それから暫く嘔吐や下痢が続き、食べることもできないようでとても可哀想と思っていたら次にうちの奥さんが同様の症状に…。

お医者さんの診断では風邪でそうなったようです。

そして月曜日にはついに私が同様の状態に。
嘔吐こそこらえてしませんでしたが、胃は鉛が入っているように重く感じ、お腹は…。

手足の筋肉も痛く、力が入らずぷるぷる震えるような感じでしたが、朝からびっちりと入った予定を冷や汗かきながらこなしました。


毎年季節の変わり目はこうなるのか、なんとかならないものかと思います。
ただでさえ仕事が込み合っているのに、休んでご迷惑おかけするわけにはいかないですから。

栄養状態は悪くないはずなので、運動して抵抗力付けろということですね…。

ちなみに今日には私はほぼ全快でした(笑。
[PR]
by srmurakami | 2012-05-30 20:15 | ブログ | Comments(0)

有期雇用契約の変更

労働契約法に新たな条文を入れる法改正が予定されています。

今日、お客さんと有期雇用契約が5年を超えて反復継続した場合には、期間の定めのない雇用に移行しなければならないという規制を労働契約法改正によって行われることが検討されていることを話しあいました。

今年3月に書かれた労働基準局労働条件政策課の担当課長の法改正の影響分析書を見ましたが、果たして国の意図通りの影響が発揮されるかは疑問符がつきます。

雇用の安定化よりは、期間雇用5年程度で雇用が流動化することが頻発すると個人的には考えます。
きっちりクーリング期間の6ヶ月というのまで決めるようですし。

雇用期間以外の労働条件は従前のままが原則となっているのもまた…。

色々考えさせられる法改正の案です。
[PR]
by srmurakami | 2012-05-28 23:33 | ブログ | Comments(0)

愚考 考え方は色々

政治の停滞は以前からありましたが、日本の以前の状況と今ではかなり違っているので、それが許される状況ではないと思っているのは私だけではないはず。

消費税上げる話題が主となり、それで福祉を守るんだという話になっていますが、先日過去最高を更新したと報道があった国の借金を減らす話はとんと出ないのが不思議でなりません。

消費税を10%にして国の借金が減りますか?このまま増やすんですか?
消費税20%なら減らせるんですか?

増税した分で福祉の増加分をまかない、増税感を紛らわせるために一部福祉をさらに充実させるのに使い、国の借金はこのまま増やすのでしょうか。

いわずもがな借金は利息も付けて返さないといけないので、それがどんどん支出に占める割合が増えれば、福祉に回す金がさらに無くなり、さらに増税へ向かわざるを得ません。

今のうちに1000兆近い借金を半分に減らすとか、せめて300兆くらい減らすとかの計画は立てないのだろうか。

将来へつけを回して、今の福祉を維持するためだけの増税をしても未来は少しも明るくなりません。
子ども達が可哀想で仕方ありません。

増税して、さらに公務員の人件費はもちろん、年金などの支出も削らなければ借金は減らせないと思うのですが、他に方法はあるのでしょうか。

国が今の借金を背負って、今の福祉を維持するのは増税しても出来ないと勝手に思っています。
国債の一般会計と特別会計間のむずかしいやり取りは考えず、シンプルに考えて、支出90兆以上、税収40兆程度、借金1000兆で、仮に税収が20兆増えたとしてもどれだけ借金は減らせるのでしょう。

支出も減らさんとできんでしょ。
今後の人口減、少子高齢化の加速も考えて。

国債暴落して、ハイパーインフレになって、借金が相対的に軽くなる一方(国債の新規発行の利息は払えないほどになり国債発行がしにくくなりますが)、国民の財産もパーになるという荒療治を思い浮かべる人は少なくないはず。
国民が長年築き上げた財産と国の借金の相殺で、日本は振り出しに戻るのでしょうか。
(まだ国民の財産が国の借金を上回っているそうなので、今なら清算できます。(笑 )

そんなことしないだろうと国を信用している人が多いでしょうけど、最近の政治を見ていたら信じられなくなる思いです。

財務省も神経質になってきて、信用が落ちて国債が下落する(利率が上昇する)ということを言わなくなったという話がまことしやかに流れる昨今です。


しかし、政治の愚痴を言っても詮無き事、詮無き事。

国民が選んだ道が、自分たちをその道の行く末に導いているだけだから。
[PR]
by srmurakami | 2012-05-17 22:19 | ブログ | Comments(0)

芝生張り

この連休中に以前から考えていた庭への芝生張りをほんの少しの部分で実行しました。

雑草が生えるので庭をタイル等で覆うこともよくありますが、まだ小さい子どものために土に触れさせやすくさせるためと、覆ってしまうと熱を溜め込んで夏の日中の暑さが逃げにくいのが嫌で、土のままにしていました。

しかし、雑草を抜くのも大変なのでそろそろ念願の芝生を張ろうかと、自分で買ってきて少し張りました。

そこかしこに少しずつ張って、その成長具合を見てどこにどこまで張るのか考えようと思っています。

芝生を張ったら張ったで、その手入れと雑草抜きが大変になりますが、裸足でも歩けるような庭を作るのが目標です。

ちょっとした趣味の日曜園芸です。
[PR]
by srmurakami | 2012-05-06 17:08 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31