原点回帰

最近、普段使いにしているボールペンが中ほどでぼきっと折れました。

私は筆圧が高いので、長年使い続けているとこうなることがあります。
(以前も一度折れて、接着剤で付けて使っていました。)

折れたのは最近使っていた社会保険労務士会から配られた多色ボールペンでした。その前に長年使っていたのが、LAMY2000(4色ボールペン)というボールペンです。

そのボールペンをまた買うことにしました。いや、買いました。

お客さんに説明で書類に文字を書く際にも、多色を使い分けた方がより分かりやすいと考えて、開業当初から多色のボールペンで、そんなに安っぽく見えないもの、長く書いても疲れないくらいの太めのものを仕事の相棒として選ぼうと考えていて、ぴったりだったのがこれでした。

このボールペンは1966年発売と歴史があるのですが、見た目はシンプルで飽きがこないデザインです。
未だに人気があり、売れているのがその証左です。

なんでも勝間和代さんも愛用しているとかと聞いています。
(私が勝間和代さんを崇拝している訳でありません(笑 )

ただ、難点がありまして、オリジナルのリフィルは書いた線が太めで、文字が掠れることも多かったのでその点が不満でした。
調べると私だけでなく、そう思う人は沢山いたみたいで、その対応として他メーカーのリフィルを使えば良いと紹介されていました。

4Cのリフィルであれば、他メーカーのものも使えるとのこと。

早速試してみようと思います。

このボールペンで開業当初の初心を思い出しながら仕事をして、原点回帰して一から再出発するつもりで頑張りましょう。


さてさて、ブログを書いたりしていないで、仕事、仕事と…。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-23 16:15 | ブログ | Comments(0)

広島県庁へ

今日は、事務所にいたのは朝の1時間だけで、すぐに午前中のお客さんの経営会議に参加、昼から広島県庁へ許可申請手続きに赴きました。

新幹線のぞみで行けば新山口から広島まで30分で着きます。
近そうですが、新山口駅まで30分→新幹線30分→路面電車で県庁まで移動20分ちょっとかかり、往復の移動時間だけで3時間近くになります。

県庁内で40~50分ちょっと居て、移動のロス時間を入れると、5時間弱かかりました。

というのも、帰りは数分の差でのぞみに乗り遅れ、こだまに乗ったので(それが次に新山口に一番早く着く便でした)、待ち時間30分+こだまはのぞみより乗車時間が30分が多いので、1時間ほどロスしたのが大きかったです。

のぞみの新山口到着本数をもっと増やしてもらたいと新幹線で広島によく行く人は思っていることでしょう。

その後、宇部市の医療機関へ4月の給与改定のご相談に赴き、7時半ごろ帰宅。

さすがに今日はもう業務終了しました。
また、明日頑張ります。

明日の昼は社労士会山口支部の役員会にも出席です。

年度末や年度初めは各種団体の会合(総会など)が多いですね。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-22 23:48 | ブログ | Comments(0)

夢にも出てきそうな…

昨日は、とある事業所でセクハラ・パワハラ研修の講義を行ってきました。

終わった後はいつも一人反省会です。
準備不足で、内容を詰め込みすぎて、要点がぼやけてしまったと反省しきりです。

また、言わないでよい余計無いことを言ってしまったなということもあり、こういう時は自己嫌悪です。
こういう時って本当に自分が嫌になりますね。

聞く方達が興味を引くような話の持って行き方をもっとうまくならないといけないと改めて反省しております。


さて、以前のブログにも書きましたが、現在、就業規則の案件が殺到しております。

全く新たに作る依頼が6件ばかり+付属規程のみの作成1件、そのほかに法改正や助成金に伴う就業規則改定が20件はあります。
3月になって、とんとんとんと依頼が増えました。
(改定は予定されていましたが。)

といいましても、これくらいの量であれば、大手の社労士事務所と比較すると何それと笑われそうなものです。

しかし、1件、1件、丁寧に進めると、これだけでもう手一杯です。

4月から顧問契約となるお客さんも、これも最近とんとんとんと3件ほどご契約いただきまして、その準備も大詰めの時期です。

同時進行中の案件では、特例民法法人の一般社団法人移行は認可が下り(審議会が通った)、特例民法法人の解散も進行中で、医療法人設立も認可が下りてあとは保健所・中国四国厚生局・市役所・労働局などの手続の準備、広島県での産廃収集運搬許可などがありますが、順調に進められています。

建設業関係(経営事項審査、入札参加資格申請、建設業許可など)がほぼ終える事ができましたので、これからは就業規則をメインに、3月は進めることになります。


夢にもそれが出てきそうな感じです。

そろそろ時間も遅くなってきました。

それでは、おやすみなさい。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-15 01:21 | ブログ | Comments(0)

春来る

金曜日はお客様にお誘いいただいて、久しぶりに湯田の街に夜出かけて、少々飲みすぎてしまいました。

昨日の土曜日は二日酔い+風邪気味で、完全休養日でした。
たまに飲むお酒はよく効きます。


さて、そろそろ桜の季節ですね。

うちの奥さんが人からもらったつぼみの状態の桜の枝を持って帰ってきました。
春らしくなってきましたね。

最近は1年1年がすぐに過ぎ去ってしまうので、時の感覚があまりなくなってきましたが、子ども達の成長を見ていると時が経ったんだなと実感します。

今年の春は今年限り。
今年の春を家族と楽しみましょう。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-10 14:25 | ブログ | Comments(0)

運動しなければ

私が独立開業した頃はまだ33歳で、意識して運動しなくても健康だったと思います。

しかし、それから10年近く経ち、筋肉も落ちてきて脂肪が付いてきたのが自分でもよく分かる年となりました。

健康診断を受けるとそろそろいくつかの数値が気になるくらいになり、運動しなければと思い続けていましたが、仕事が忙しくて疲れていると休みの日も億劫になり、だらーと過ごすばかりです。

ということで、情けないことですが運動すること自体が目的だとそれは続かないだろうと自分をよく知って分かっているので、運動に目的を決めて(別の目的を付けて)、今年の始めから少しずつ、雨や夜に用事がある日以外は仕事が終わったあとに毎日30~40分歩いています。

目的は事務所の郵便物を少々離れた郵便局まで投函に行くことです。

大抵は夜7時前後になるのですが、昨日は夜8時過ぎになってしまい、もう歩くのが面倒と思いながら、しかし、ここで休むと続くかなくなるので、てくてくと歩いてきました。


多少でも運動になっているかなと思っていたところ、偶然にも知り合いの司法書士の方がジョギングしているのを目撃して、少々意気消沈です。

あれくらいしないといけないでしょうねぇ。

でも、私は始めても続かないだろうな…。意思が弱いものですから…。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-07 21:56 | ブログ | Comments(0)

就業規則三昧

今年の4月には「労働契約法」や「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」の改正法が施行されます。

それに伴って、定年(一般に60歳)後の継続雇用(うちは再雇用制度をお奨めします)制度や期間雇用者の期間の定めの無い場合を念頭においての就業規則改定が必要になります。

顧問先さんのそれらの就業規則改正の案件が現在、盛りだくさんです。
(推定数十件)

また、それ以外の就業規則案件で、新たに就業規則を整備されたい顧問先さんや単発依頼の方、現在の規則が現場に合わなくて手を入れたい顧問先さんなどがいらっしゃいまして、もう時間配分をよく考えないといけない時期にさしかかってきました。

3月末を見据えた助成金に絡んだ就業規則改正についてはある程度は終わりましたが、上記の改正で、てんやわんやです。

いわずもがな、就業規則は雇用契約内容となるもので、会社の労務管理において大変重要な要素であり、私は腰を据えて取り掛かりたい性質でして、かなりの時間を割きます。

これから3月一杯までは就業規則三昧です。

ライフワークの一つとして、自分独自の就業規則の完成というものを開業当初より考えて試行してきましたが、それもいよいよ完成に近いイメージができてきました。

絵画みたいな言い回しですが(笑。私なりの仕事の美学が入っているのかも。

もちろんそれはあくまでも一例であり、お客様に合わせて実際にお作りする就業規則は千差万別でお作りします。(作成目的(趣旨)別の、簡易なもの、完備されたもの、文語体・口語体、就業規則ガイド付きなど)


ご用命がありましたらいつでもどうぞ(宣伝)。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-05 00:46 | ブログ | Comments(0)

1月、2月があっという間に過ぎました。
当事務所の概況をお伝えします(?)。


今年の7月には当事務所の開所から満10年となります。
思えば開所当初からのお客様とはもう10年近くお付き合いいただいているわけですね。感謝、感謝です。

昨年の終盤からブログを書いていませんでしたが、昨年は私としてはもう激動といってよいような状況でした。

職員の入れ替わりがあり、業務の安定と充実を至上命題に考えていました。


実は、2年前の平成23年は、当事務所の業務量が飛躍的に増えた年でした。
それにより事務所内部で無理が生じていましたので、昨年の24年はまず現在いただいている顧問業務を最優先と考えていたわけです。

そういうこともあり、行政書士業務は平成23年と比較すると平成24年は半分以下に落ちていましたが、その分、社労士の顧問業務が増えていましたので、結果的に、業務量が多かった平成23年と比較しても平成24年は業務が増える結果になりました。

さて、平成25年はどうなりますでしょうか。

今年も引き続き、事務所としての業務の質向上を至上命題としています。
事務所内の会議・研修のレベルを上げ、提供サービスの質向上を進めなければなりません。

これは(今のままでも良いけど)余裕があっての「質向上」ではなく、危機感をもって、事務所存続のためには必ず必要な「質向上」と考えています。


これができなければ事務所の存続は無いと私は思っています。
というより、存続する意味が無いと思います。

今のままの状態で存続することは、うちの事務所が私と職員のためだけに存続するだけで、お客さんのために存続することにはならないのです。

まさに会社の私物化です。

社会保険労務士や行政書士は個人事業であり(一部、法人化できている場合もあります)、それは個人のためとして当初は開業していることが多いと思いますが、私としてはうちの事務所でしかできない質のサービスを築き上げることを当初から考えていました。

10年も経ってできていないのかとのお叱りは甘受いたします。

それだけ、それを作り上げるのは難しく、また、社会の変化によりそれは移ろいゆくものであると思います。

絶え間なくそれを追い求め続ける事がうちの事務所の存在意義なのです。


2月も色々な方からご連絡頂き、新しい仕事も沢山いただいております。


今更、今年の所信表明ですが、目の前のことをなしながら、常に遠きに視野をもって、回り道してでも目標へと歩き続ける事務所とする所存です。


ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。



ということで、いつもながら自己中の変なブログです(笑。
まぁ、見ている人が少ないので、将来の自分のために書いておきます。
[PR]
by srmurakami | 2013-03-02 14:17 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31