珍客

昨日は夕方は隣の市での打ち合わせが終わり、帰宅したのが午後8時過ぎでした。

中に入り、ふと横の窓を見ると青緑の蛍光色が点滅してます。

何だろうと思い窓の外に回ると窓の網戸に蛍が一匹、お尻を点滅させながらちょこちょこと網戸の上を歩いているではありませんか。

しばらくしたらその光につられてかもう一匹が飛んできて同じところに留まりました。

今年は少し前にも庭でうちの子ども達は見たそうなので、今年はこれで2回目の蛍でした。

山口市は県庁所在地ながら、中心付近でも有名な後河原で蛍は放流されていて季節にはたくさん見ることができます。

うちも山口市の中心近くながら、近くの小学校と中学校の間の川でもある程度の蛍は見れますし、自宅でも裏を通っている水路の関係で時々蛍が舞い込みます。

山口市は子供がまだ育てやすい環境だなと思います。

なかなか良いものですよ。

[PR]
by srmurakami | 2014-06-24 18:36 | ブログ | Comments(0)

若いころは思ってもみなかったことを年齢を重ねると感じることがあります。

例えば、正論というものは卑怯なものだなぁと最近は感じることです。

若い頃は正しいことである正論が一番良いと考え、自説を曲げずに相手に押し付けるようにしてしまいがちですが、人との議論においては正論を言ってしまうと相手は反論ができなくなるという意味で、卑怯であると感じます。

正論ばかり通らないのが現実で、それゆえ若い人は正義(正論)が通らないことに憤慨し、周囲を顧みずに猪突猛進するものですが、年をとり現実を知れば知るほど世の中はそれだけではないということがよく分かります。(視野が広くなる。)

正論だけで世の中うまくいくのであれば幾らでも正論を吐いていれば良いのですが、そうもいかない場合がほとんどですね。

政治の世界もそうですが。

正論など分かっているというのに、正論ばかり言われると我ながらうるさいと思っているだろうなと思います。

仕事をする上でも、年を経たなりの仕事のやり方で、気を付けていきたいと思います。
[PR]
by srmurakami | 2014-06-09 18:47 | ブログ | Comments(0)

お久しぶりです。

今年に入り数えるほどしか投稿していないブログですが、少々寂れてしまって見るに堪えないので、久しぶりの投稿です。

今年は年初から仕事は色々とあり、新たな仕事のご依頼も相変わらず絶えることなく頂戴しており、このご時世に本当にありがたいことです。

継続的なご依頼である顧問契約も、今年は昨年1年間に頂いた件数をこの5ヶ月ですでに頂戴しているような状況で、職員もフルに頑張ってくれています。

事務所全体のレベルの底上げには、私ばかりが仕事をやってばかりいてもためにならないので、任せられるところは任せており、私がきりきり舞いすることもかなり減りました。

どのようなサービスを提供すればより顧客満足が得られるかを考える時間が増え、考えたことの実行に労力と時間をかけるように進めています。

お客様によってはやっていることが的外れといった事もあると思いますが、長期的な視野においては、始めるなら今でしょ!(少し古いか)ということでやっております。

千里の道も一歩から。

始めなければ何も始まらない、至極当然ですね。
まずはやってみないと評論ばかりしていてもつまらんです。
[PR]
by srmurakami | 2014-06-05 23:25 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30