しみじみと

図書館通いはまだ続いてますが、最近借りた小川洋子さんの本を読むとしみじみと胸に広がるものがあります。

巻末の著者紹介に書かれている、芥川賞をとった「妊娠カレンダー」や、本屋大賞と読売文学賞をとった「博士の愛した数式」はまだ読んでないのですが、たまたま手に取った「最果てアーケード」や「ことり」を読むと、描かれている人というものがなんとも言い難いくらい自分の中でリアルに息遣いを伴って感じられます。

ありえないような出来事(イベント)に重点を置いた小説にあるような、人間味を感じさせないストーリーだけのものとは全くちがった、平凡な日常の人たちというものに触れられます。

何もない人生が、起伏にとんだものであり、良くも悪くもない、一人の人生なんだと思わせられます。

私からしたら、通り過ぎてみれば自分の歩んできた道も起伏のない道ですが、周りからみたらせっかく入った会社は辞めるは、見知らぬ地で起業するは、結構波乱に満ちてるんでしょうね。

しかし、これらの本を読むと、才能で片づけると著者には怒られると思いますが、こういう本を著す人たちには他の人にはない才能をやはり感じます。

どういう人生を著者は歩んできたんでしょうね。
それが知りたいですね。




[PR]
by srmurakami | 2017-08-09 23:52 | ブログ | Comments(0)

男は女と比べて、大人になっても子供っぽいところがあるという一般的な概念(?)がありますよね。

私も40代半ばを過ぎた、いい年齢のおっさん(まだおじいさんではないでしょ)になりましたが、いつまでも子供のころの物事を引きずっているなと感じ続けてます。

私の今の年齢の時の私の父を考えてみると、今は亡き父が40半ばの頃、私は15歳くらいでした。

私の父が子供っぽい側面があることを感じたことがついぞ無いので、私の現在とのギャップ感がものすごいです。はんぱねぇです(笑

昔の人は周りから大人なんだからと見られ、行動も社会的に制限・強制され、責任を担うことが当然で、子供っぽい側面などは早くに無くす人が多かったのか、それとも単にそれを見せなかっただけなのか。

前者のような気がしますけど。

そう思うと自分の未熟さを感じて情けないです。

このブログは別に仕事のブログではなく、今思ったり考えていることを、遠くない将来自分が忘れたころに思い出す為に書いています。
私的なこともよく書いているので、また少し書いておこうかと思います。

みなさん、苦手な人、嫌いな人、信用できないと思う人が多かれ少なかれいるのではないかと思います。

私の場合、前のブログにも何度か書きましたが、信用できなくて嫌いという人が、私自身です。

自分が自分で信用ならないってなんなんでしょうね(笑
変なことをするとか、過激なことをするとか、非常識なことをするとか、っていうわけではないですよ(笑

そう思ってしまった原因が子供のころに何度かあったのですが、それをまだ引きずっているわけです。

そうなると、周りに人を近づけなくなるし、自分から近づこうともしないわけですね。こんな人と関わらない方がいいよと。
結局、それも自分が傷つかないためという保身でしょうけど。

そういうわけで、前にも書きましたが、よくこんな人間に結婚してくれる人がいたなと感じているわけです。はい。
失恋して傷ついてもまた頑張った結果ですね(笑

まぁ、いい歳のおっさんなので、もうそんな過去のことはどうでも良いし、今さら自分を変えようとかいうのもあほらしいと思ってスルーしてますが、そういう子供のころの出来事ってのは、その人の人生に大きな影響を与えるものなんだなと。

自分の子供にそういう出来事が起こらないようにしたいな、と思ってます。
ただ、親ができる範囲は知れてます。しかし、せめて親を原因にはしたくないですね。親が原因というのは現実問題多いと思うのですが…。

友達との間での出来事はどうしようもないですけどね。

まぁ、いつものように結論はケセラセラですけど、私の場合(笑
そして、こんなことをこんなところに書くのも子供っぽいってことですね(笑




[PR]
by srmurakami | 2017-08-02 23:05 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31