開業について

同業の社会保険労務士の方の新規開業の勢いが衰える気配がありません。

といっても私の所属する山口支部(旧山口市地域や小郡、徳佐などを含む地域)に限ってのことかもしれませんが、この2~3年の間に急増です。

この4月にも、私の知っているだけで3名の方が開業されてます。

私が開業した13年前の前後はここまでの人数は毎年開業してなかったと思います。

競争が当然強まり、困ったなという思いも正直ありますが、業界の発展のためにはプラスになり、ひいては自分にも還ってくるものとも思いもあります。

顧みても、私のお客さんの8~9割は、今まで社会保険労務士があまりかかわったことがない企業様です。
ということは、他の社労士のお客さんがこちらに移ってくるのとは違い、それだけ当事務所としては経済的な付加価値の増加に寄与していると思ってます。

そういうことを新しく開業された社会保険労務士の方々が念頭においてもらえるのであれば、業界にとってこれほどプラスになることはありません。

逆に、他の社労士のお客さんが移ることばかりが生じるのであれば、業界としてはさほどプラスになることはありません。前の社労士より同額の報酬でサービス内容の向上があれば社労士全般の評価も高まりプラスにはなりますが。

当事務所も基本的に前に社労士の方がついていた企業様の依頼のお話があったときは、前の社労士の顧問料より下げて依頼を受けることはありません、とお会いした時には話すようにしています。

報酬が同額か、もしくは上がっても、報酬なりのサービスの充実を心掛け、満足してもらうのが一番という方針でやっています。

報酬額の高低だけの話になると、適切な額でなければ双方が疲弊するだけで、サービスも低下し、社労士全般の評価も落ち、自分の首も絞めるだけになりがちです。

こういうことをみんなが考えてくれるといいなと思ってますが、単なる自分の考えの押し付けだと言われればそのとおりです、と答えます(笑。

開業された方の健闘を祈ります。
私を含めて先達をどんどん乗り越えていってください。

そういう人がごろごろ出てくれば、この業界の将来はまだまだ期待できます。






[PR]
# by srmurakami | 2017-04-13 22:16 | ブログ | Comments(0)

ジム通い続いてます

今年から毎週土曜日の午前中、健康の為に平川のNAPのジムに通ってます。

1時間もやれば汗も流れるほどの運動になり、土曜日の午後はかなりぐで~としています。

たった毎週1時間の運動ですが、筋肉も体力もやはりついてきました。
今までろくに運動してこなかった前は海に行っても体を見せられないくらいでしたが、今なら前よりはましです(笑。

まだたった3ヵ月ですが、1年後にはまた少し変わっているかも。

体力がもう少しついて仕事に余裕ができたら、平日夜の部も考えようかなと思ってますが、土曜日のようにがっつり目にやると、翌日の平日がきついでしょうね。

運動はやりすぎない程度が一番良いです。

ぼちぼちと体の改造を進めていきます。


[PR]
# by srmurakami | 2017-04-11 23:06 | ブログ | Comments(0)

有効求人倍率1.42

と書くといかにも社労士らしいブログかと思えば、さにあらず、単に私の日記(?)というより、回想です(笑。

なんでもこのような求人の状況は四半世紀ぶりだとのこと。
四半世紀?25年?
25年前といえば、私はまだ21歳の大学3年でしたね。

その少し後の私が22歳で大学を卒業したときは、バブル崩壊後数年経っていましたが、いまだ社会がバブルの熱気を抱え込んでいるような状況で、その後のひどい就職氷河期に比べたらまだまだましな状況でした。
私が就職したころがぎりぎりで就職環境が良かったので、本当に幸運でした。

客観的に見て、大学卒業前の私は、現在の私が企業に採用するように勧められるような学生ではありませんでした(笑。 

同様の方も多いと思いますが、抽象的に言えば、小学生からの成長期の私は空っぽの中身の無い箱でした。

それから成人するまでに皆その箱に好きなこと、好きな人、好きなものなど色々な出来事を詰め込んで中身のある人に成長するわけですが、私の場合は色々な出来事に生来の臆病な気質が相まって、その途次で箱のふたを閉じてしまったんですね。

ということで、同輩と比べて、私の場合は齢を重ねても箱は空っぽの中身の無い空間を抱えたまま。

産まれたときに親からもらった箱がましだったおかげと、バブルの火がくすぶっているような社会情勢であるうちに卒業できたので、就職できたのは運が良かったとしか言いようがありません。
(1年間授業に出てなくても、試験前にその講座の先生の書いた本(教科書)を読めば、優良可の優が貰えるような大学の制度も私には運が良かった。)

ようやく就職を機会に、これではいかんと自らふたを開けて成長しようと努力したので、かなり遅い「就職デビュー」です。

過去に「もし」はありませんが、私が第1志望の京大法学部に落ちたときに(いつもの自虐ネタ)、もし浪人を選択していたら、1年遅れてではまともに就職が出来なかったかもしれません。

そうすると、大手の企業に就職できて、その多角化しているグループ企業の中で主力部門に配属され、のろまな私がようやく成長することができた貴重な機会を失っていたかもしれません。
そして、就職して5年後に、勤務地で大学2年の今の奥さんと出会う機会もなかったんでしょうね(笑。

それを考えると恐ろしくて恐ろしくて、どうなっていたことやら…。

就職というのは人を成長させます。よく成長する人、そうでない人とまちまちになるのは当然ですが、職場は生計のための場というのみならず、成長の場でもあるこを踏まえて労務管理を大切に考えていきたいと思います、という締めも社労士風に(笑。



[PR]
# by srmurakami | 2017-04-01 07:58 | ブログ | Comments(0)

と気遣っていただく言葉を人と会ったり話したりするたびに頂き、今日は5回はいただきました。

確かに一山超えたらまた一山という状況で、溜まっている仕事のうえに、1~2時間おきに相談などの電話をいただき対応する時間で1日がほぼ終わるような、プチパニック状況ではあります。

しかし、お気遣いなく。

忙しくなってしまっているのは私の責任なので、気遣っていただかなくていいようにきちんと仕事を回さないといけない責務が私にはあります。

どんどんご相談の電話、面会での相談の予約など、ご連絡ください。

もう、10年以上、忙しい状況は続いていますので、慣れております。
というか、10年以上もきちんとした体制が出来ていないのかとお叱りを受けてもおかしくないくらいです。

相談電話が集中するようなときはどうしようもないのですが、それ以外のことでは仕事が詰まらないように体制を整えていきますので、今後もどうかお気遣いなくお願いします。







[PR]
# by srmurakami | 2017-03-14 20:36 | ブログ | Comments(0)

記憶のフシギ

以前にも書いたことがありますが、人の心理というものに関心があります。

人のことを扱う社労士としての仕事のこともあり、開業してからより興味が高まっているのですが、しっかりと大学等で学び直したいと動いていた時期もありました。
実現はしていませんが、いつか実現したいなと思ってます。

それのフィクション版といいますか、手軽に得られる小説やコミックの読み漁りは続けていますが、ありふれた表現で言えば人の裏の側面を描いていて読み続けるのがつらくてもう読むのを途中でやめようかと思うような本も時々あり、それでも気になって最後まで読んでしまうものもあります。

読後感は最悪ですが、それでも更に読み直しをしてしまう本もあります。

人の誰しも持ち合わせている根源的な負の側面の数々など、誰しも持っていてもおかしくないもので否定はできないけど、進んで肯定もしたくない部分を描いている本などですね。

負の感情・妬み嫉み、幼少時に満たされなかったもの、人それぞれの生い立ちに紡がれた数々の出来事による心理的な影響・トラウマ、それらがいかに大人になった者にどれだけ影響しているのかが様々な形で描かれています。

正直、マイナスの引力をもったそれらが私は苦手なもので、現実に身近にあっても関わりたくないものです。

それは十把一絡げに、なんでも幼少期のトラウマに原因を探す方もいるかもしれませんが(そういう小説も無きにしも非ずですが)、単純にそうだともいえないものと思います。

例えば人間の体の細胞は7年ですべて入れ替わると言われています。そうなると「記憶」はどうなるの?新い細胞にどのように引き継がれるの?という話が読んだ本に出てきていました。

日ごろの私の仕事の中でも、人の記憶というものはいかにあいまいで、いかに自分の思うように、又は思わないように変えられている・変わっているかというのを目の当たりにすることが多々あります。
だからこそ、自分の記憶というのもあてにはならないことをよくわかっているつもりです。

記憶を自分にとって良いものに、又は悪いものに「変えて」してしまうのが人です。

コンピューターみたいにすべてを一切合切覚えているわけではないわけですが、脳は思い出せるよりはるかに多くを記憶しているが引き出せないだけだともいわれています。

実際、自分で考えても、昔のことはほとんど忘れています。引き出せません(笑。

ただ、自分にとってうれしかったこと、悲しかったことといった強力な印象が残っている事柄のみ断片的に残っているだけです。いわば、過去の自分というはかなり薄い存在です。

しかし、それらが現在の自分、そしてこれからの自分の行動を決めているのです。

自分があるのは現在とこれからだけと考えていいと思うのですが(これからなにするのかというだけの存在)、それはすべて前述したあいまいな、自由に変えられている「記憶」によって動かされるのです。

色々考えていると深みに入って分からなくなるのですが(笑)、心理学を学ぶとある程度交通整理できるのはないかと思ってます。

こころと記憶の問題は深いです。

よく精神科医の方々は、色々な患者さんを診るうちに、もしくは学ぶうちに、自らの心に変調をきたすこともあるという俗説もきいたことがあります。

人の心の奥を覗くというのは、自分の心を覗くということでもあり、人って何?というところにもつながって、自らをしっかりととどめることが難しくなるというのも想像できます。

前にこれも書きましたが、私もそうですが、自分で自分のことが好きではない人もいることかと思います。

しかし、もし自分が好きな自分になってしまったら(思う通りの生き方ができていたら)、自分が自分でなくなってしまうという怖い思いがあります。

だからこそ、私は1%の部分で、99%の嫌いな自分を許せるようになってしまうんだなぁと思います。

ダメな自分、これでOK、これが自分ですと。

夜に文章書くと、昼読むのはつらいですが、日記がてら長文書いてみました。

読む人はほとんどいないので、気楽なブログです(笑。


[PR]
# by srmurakami | 2017-03-12 23:18 | ブログ | Comments(0)

4月から新体制

最近、仕事の話を書いていませんでしたので、久しぶりに書いてみませう。

最近、うちの事務所の職員が欠員気味でしたが、3月にはパート1名、4月からは正社員が1名入社する予定です。

これでようやく欠員が埋まり、正社員4名、パート1名の計5名+私という布陣が整います。

本当はもう1名ほど欲しいのですが、なかなか難しいところです。

新年度もぼちぼちやって参りたいと思います。




[PR]
# by srmurakami | 2017-02-23 22:29 | ブログ | Comments(0)

涙もろい?

先日、うちの子が豪華客船タイタニック沈没(の謎?)に興味を持ち、昔見たタイタニックの映画の話が出たら見たいというので家族4人で観ました。
もう20年も前の映画ですが。

最近はわざわざDVDを借りに行かずともオンラインで借りることも買うこともできるので観たいと思えばすぐに見れるのは便利ですが、少し風情がなくなったのが残念な気がします。

それはさておき、映画は3時間にも及ぶ長編なので、私は昼寝して起きたらもう沈没が始まっている様な状況から観出したのですが、楽団の人たちが最後まで奏でているシーンやラストのデカプリオが沈んでいくシーンで私はどうしても涙が出てしまうのですが、家族みんなは全くその気配もなく最後まで観ていました。

確かこの映画は全世界が泣いたとかいうキャッチフレーズ(があったかなかったか記憶が定かではないですがw)で、多くの人が泣くのではないの?と思っていましたが、私だけが古い人間なのか??という感じでした(笑
人情話や信念を持った潔い生き方の話には弱いです。

私は若いころから本や映画で結構涙ぐむことが多いので、とりわけその傾向が強いのかなと思ったりもしますが、普段は周りからそうは思われていないみたいで、隠すのが精いっぱいです(笑

ストレス発散に泣くのや笑うのは良いので、本や映画などの物語は私には不可欠です。

みなさんにも是非お勧めしますよ~。



[PR]
# by srmurakami | 2017-02-23 22:00 | ブログ | Comments(0)

今月(今年)から、毎週土曜日の午前中に山口市のフィットネスクラブ(NAP)に通うようにしました。
目的はもちろん健康と体力増進、そしてダイエット。

1時間ばかりだけでも、体の固さと体力の無さを十分に実感できます。
長く続ければ少しばかりの運動でも全くやっていないのとは全然違ってくると思います。
もちろん、もっとやった方が全然違うと思いますけど、正直続ける気力が保てません(笑

体力がなくなりきる前に始めておかなければと思いましたが、始めるのがもうすでに少し遅いかも。

という感じで健康に気を使っておきながら、最近は夜中の2時くらいまで起きて寝不足です。
仕事があふれかえっているこの時期に何をしているのかと自分で思いますが、面白くてやめられなくて。

読書が。

相も変わらず県立図書館で本当に適当に借りてくる小説を読んでいるのですが、一度読み始めてしまうと、これは面白いと思った本は結末までどうしても知りたくなり、飛ばしながらでも1日に一冊を読み切ってしまいます。

帰宅してから読み始めて500ページあろうが、もっとある本でも通して読んでしまうので、早読みしても深夜2時すぎ。。。

不健康なこともこうして実行してます(笑

今さらながらこの年になって思いますが、小説を読むのが好きです。
前にも書きましたが、個人的な欲というものが一部を欲を除きほとんどが希薄な私なので、今までもこれをやりたいと思うのはあまり無かったのですが、本当に今さらですけど年取って半分リタイアしたらもっと小説読んで、そして自分でも小説を書きたいな、という意欲がわいてきました。

もちろん書いたものが人に認めてもらえなくても良いです。
少ない個人的な経験で書けるかは不明ですが、考えるのが楽しいのです。
私は情緒が無いと言われることもよくありますが、情緒的な文章が書きたいです(笑

思うに私は子供のころから人の後ろに隠れるような引っ込み思案で臆病者だったので、あれが欲しいとかこれがやりたいとかいう欲を、それが得られなかったときの悲しさや得られた後に失うことに対する悲しさに対して過敏で、それらを避けようという意味で、色々な欲(希望)を自然に自分の中から消すようにしてきたように思います。

そういうところが当然嫌なので、変わろうとしたのが社会人になってからというスロースターター(笑。
ようやくですが少しずつ変わってきたかなと思います。

この年になってあれが欲しいとか、これがやりたいとか思い出しましたが、もう大人ですから無茶は言えない状況になってます(笑。
無茶言いたいんですけどね~。
物に対する執着心はかなり薄いので、物は要らないんですけどね。

本当に今さらですね~。
でも、これからでも自分が作り上げてきた自分の枠を超えて、残り僅かな(?)人生を楽しみたいです。
(一応書いておきますが、まだ46歳です。)
臆病だからなかなかできないですけどね(笑



[PR]
# by srmurakami | 2017-01-17 18:46 | ブログ | Comments(0)

あけまして。

もうすぐ初日の出が出そうです。

昨年1年が良かった方、そうでもなかった方、色々かと思いますが、新たな1年がみなさまにとって良い年でありますよう願います。

今年もよろしくお願いいたします。



[PR]
# by srmurakami | 2017-01-01 06:58 | ブログ | Comments(0)

今さらそんな。

この年になっても初めてのことも沢山あって、今さらですか?ということ多くあり(笑

そのうちの一つには、うちの子が幼稚園に通っているときに、送迎で教室に送っている時にうちの子の同級生の幼稚園児の子(なぜか男の子)からいきなり「○○ちゃんのお父さんかっこいい」といきなり言われこと。

そんなこと面と向かって言われたことは生まれて初めて(笑。
それは若いころに女性に言われたかったですね。

それからというもの、特にお年の方(主に65才以上)から同様なことを言われたり、「若いころはもてたでしょう」と言われたり。

はい。正直に言いますが全くもって、もてたことはありません。

そのようなことを思っていただけるのは、開業したら会社員の頃とは違い所属会社の看板(イメージ)を背負うことはなくなり、自分が会社の看板にならないといけないので、身なりにはそれなりに気をつける努力を続けた結果かな、と

ということで、外ではあまりひどいかっこはできないのですが、家ではぐだぐだです。見れたものではありません。そして愛想もありません(笑。



[PR]
# by srmurakami | 2016-12-29 00:43 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31