一つ上の先輩について

私の生まれた広島県の因島市(現在は、合併して尾道市)出身の芸能人は、わずかですがいます。

昔は東ちづるさんだけ?でしたが、今ではポルノグラフィティのメンバーや、小説家の湊かなえさんなど、あの程度の人口でそこそこ頑張ってるね(笑)って感じです。

でも、小学校上がる前に引越しした私には残念ながら彼ら・彼女らとのつながりは全くありません。

私の一番身近にいた芸能人と言えば、槇原敬之さんですね。
高校の一つ上の先輩です。2年間は同じ高校に通っていたことになります。学区で一番ではないですが、そこそこの進学校だったので、そういう人が出たというのはちょっと驚きでした。

実家は一つ隣の駅前の電気屋だと聞いています。おそらく駅前の実家から駅前の高校へ電車通学していたんでしょうね。
私は自転車通学だったので、残念ですが一緒に電車に乗ることはありませんでした。

槇原さんは、高校在学中から注目されてました。16歳で応募したテープで注目されたみたいです。当時、東京行ってデビューという噂が高校でもかなり話題でした。

でも、実際にデビューと言えるのは少しの後の5年後、21歳で青山学院大学(中退)に通っている時みたいです。

まさか事件を起こすとは思ってませんでしたが、その後復帰されて良かったです。

今でもしばしば曲を聴いて応援もしています。
頑張り続けてもらいたいものです。

槇原さんが歌を歌い続けていることが、私の何か一つの心の支えになってしまってます(笑





[PR]
by srmurakami | 2017-10-04 23:17 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。


by srmurakami