ブログトップ

やまぐちにて、特定社会保険労務士・行政書士の・・・

昭和

最近、昭和の時代のころのネタが再ブレイクしたりしてますね。

いわずもがな、私も昭和生まれで、若かりし時代は昭和でした。

平成に代わったのが、昭和64年1月で、その時は大学入試直前で、受験勉強しながら流していたラジオで昭和天皇のご崩御を速報で聞いた日のことを鮮明に思い出します。
時代が終わって始まったという心の揺れがそうさせているのでしょうね。

18歳ですよ、18歳。
そんな時代が皆さんあったように私にもあったのが信じられないくらいです(笑

その時に何を着ていたのかとかその日の気候なども不思議に覚えてます。
その時に来ていた服をまだ持っている物持ちの良い昭和人です(笑
まぁ、ちょっと親の形見っぽいものになってしまっているので、今後も捨てることはないでしょうけど。

ということで、大学1年生になったときは平成元年でしたが、やはり思春期??を過ごした昭和の時代が私を形作っているものでして、最近聞くもの、見るものが懐かしく昭和が思い出されるものが増えてきました。

いよいよ内外ともおじいになりつつあります(笑

来年からどんな元号になるのか楽しみですね。

私にとって終(つい)の元号になるでしょうから。



[PR]
by srmurakami | 2018-05-07 20:58 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31