カテゴリ:ブログ( 1042 )

今日もセミナーパークで一日研修だったので、帰りにいつもの和菓子屋に土産を買いに行きました。

お店の人「藤山さんって知らない?」

私「何人か知ってますけど、どの藤山さん?」

お店の人「藤山さんの息子さん、あんたにそっくりなんやけど」

私「いや、それ違います、藤山と違います(笑」

誰やねんそれ…






[PR]
by srmurakami | 2018-11-17 20:16 | ブログ | Comments(0)

和菓子やでのひととき

今日は朝から夕方まで山口市鋳銭司のセミナーパークで研修を受け、帰りに近くの和菓子屋に家族には人気のシュークリーム(和菓子屋ですけど)を買いに寄ったときの会話

お店の人「明日は、この辺りは祭りだけど地元の人ですか?」

私「いや、県庁の近くに住んでます(鋳銭司の人にはこの表現がわかりやすいかなと)」

お店の人「偉そうな人だと思いましたが役人でしたか」

私「いや、役人ではないです、硬い仕事ですけど(偉くもないけど)」

お店の人「鉄鋼業の人ですか」

私「そうですね、確かに硬いですね」

お店の人「すみませんね、頭が固いもので」

私「(笑)」



すみません、うまいボケ返しも突っ込みも出来ませんでした…



[PR]
by srmurakami | 2018-11-10 22:11 | ブログ | Comments(0)

偶々

大した偶然ではないのですが、アメリカの中間選挙の話題がしばしば流れてますが、TaylorSwiftの話題が出ておやっと思いました。

あまりアメリカの曲を聴かない私でも聞きやすいなと思って、たまたまCDの何枚かをプレイヤーに入れて聴いていた数少ない人の一人でした。

最新作(?)のレピュテーションも今持ってます。

あんなに人気がある人だとは思ってませんでしたが(笑

アメリカの中間選挙には私も少し関心をもって見守ってます。

今回の中間選挙で注目されているもう一人のラップ歌手の直近の発言も気になりますが、さてさてどうなることやら…。



[PR]
by srmurakami | 2018-11-04 22:34 | ブログ | Comments(0)

負けないこと

最近、少々体に消耗を強いることが多く、今日は風邪でダウンしてました。

昨夜、下関市から帰ってくる途中懐かしの曲をランダムに聞いていたのですが、その中に大事MANブラザーズの「それが大事」がありました。

おなじみの「負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じぬくこと」と繰り返されていましたが、みんなが思うように改めて不思議な詩ですね。

なぜ最初に「負けないこと」とあるのか。
歌詞の流れから言えば負けるようなつらい場面が想像できるのですが、最初に「負けるな」と言われます。

ありふれた感じで言えば、たとえ負けても投げやりになるな(投げ出すな、逃げ出すな等)ですよね。

つまりここでいうところの「負けないこと」は後がない負けのことかなと。

私的な解釈では「負けないこと」=「死なないこと」かなと感じてます。
ここに「いない人」との歌ですし。

色々な解釈ができる歌ですが、色々勝手に解釈してます(笑




[PR]
by srmurakami | 2018-11-03 18:44 | ブログ | Comments(0)

スープラ セリカ

平成生まれはたぶん知らないでしょうね。

トヨタの車で、かつて「スープラ」と「セリカ」という車がありました。

来年にはまずは海外でBMWと組んでスープラを復活させるそうです。

私はスープラも(乗ったことは無いので外見は)好きでしたが、四つ目のセリカ(6代目らしい)の方が好きでした。

名前も女性の名前のようで良かったですし。
いつか乗ろうと思っていたら、いつの間にかなくなってました…。
こんなところにも女性との縁のなさが出ている(笑

セリカも復活の話があるそうです。
良かったら乗ってみたいと思います。

結局、私はスポーツカータイプが好きなんでしょうね。

ワンボックスやミニバンは正直乗りたくありません…。



[PR]
by srmurakami | 2018-10-31 21:24 | ブログ | Comments(0)

シールのあと

小学校にあがる前のこどもは、シールが大好きだ。

シールを手に入れると喜んで所かまわず貼る癖がある。
40年以上前にもなるが、自分もシールを手に入れたときのわくわく感はまだ覚えている(気がする)。

うちの子供も多分に漏れず、未だにそこかしこにシールを貼ったあとがある。

小学校にあがってしばらくするとシール帳を買って、それに綺麗なシールを集めて嬉々として貼りまくっていたが、大人には意味が不明な行動だった。
それも小学3年になるくらいにはしなくなっていった。

私も子供のころに家の色々なところに貼った記憶があるが、それは多くの人が集まる幼稚園や小学校にこっそりもっていって貼るやつはほとんどいなかった。

ほぼ自分の家や祖父母の家など、身内のテリトリーに限られるのではないかな。

幼児心理学的には何か「成長の過程において〇〇〇を代償するために○○○をして、そして…」という画一的な理論づけがあるのかもしれないが、それを知ろうとは思わない。

ただ、もう一度わくわくしながらシールを貼りたいものだ。

人間の心だとかその闇だ、正義だ悪だ、恋愛だ、とか大きな(?)テーマを扱った浅いまたは深い物語ばかり読むのではなく、そういう狭い、原始的な行動にフォーカスした視点から見た変形した形のひとの小説があったら読みたい。

感動とはほど遠いものには違いないだろうけど(笑



[PR]
by srmurakami | 2018-10-28 21:37 | ブログ | Comments(0)

勘違い

成年後見の業務に取り掛かろうとして、すぐに勘違いに気づいた。

成年後見人になるには、年を取って色々な知識があった方がいいだろうと考えていたが、成年後見人は若くないとできないってことに。

なぜなら、成年後見人が被後見人より若くないと、先に亡くなったり認知症になってしまうリスクがあるため選任してもらえない。

成年後見人は若くないとね…。




[PR]
by srmurakami | 2018-10-25 20:19 | ブログ | Comments(0)

一番、古い人間かも

ハラスメント防止コンサルタントをしているので、実際にハラスメントが起きたときの対応の相談を受けることが最近増えてます。

相談が増えたのはそれだけ意識が高まっているためと思いますが、今回、聞き取りの立ち合いをしている時に「つきまといとして待ち伏せや、電話、手紙などはありませんでしたか?」と私が質問したことがありました。

話し合いが終わった後によく考えると今どきは当然「ラインやメールがありませんでしたか?」と聞くべきところだと気づきました。

最近の手続のIT化に伴い、うちの事務所は社会保険労務士業務は可能な限り電子申請するようにしてますが、私の頭の中が古いままだったと気づいてしまいました(笑

その辺、今年中に環境を整えて、頭の改革を実行するように進めたいと思います。



[PR]
by srmurakami | 2018-10-11 23:54 | ブログ | Comments(0)

備忘録

私の父方は広島県の因島出身ですが、母方は近くの細島という島の出身です。
小さな島で、現在は50人も住んでいないと思います。
以下、未検証の記事を拾った記載です。

細島は、北東から南西に細長い
面積0.76㎢ 周囲5.3km
標高63mを中心に周囲は40m前後の丘陵


この地形から島名が付いたとも思われるが、一説には6世紀頃、蘇我氏によって細部(水先案内人)が置かれたことが由来だとも言われる。

こんな小さな島に古墳が2つや古代の製塩遺跡が発見されるなど、古くから人の出入りはあったが、定住の始まりは不明

中世には三原の小島摂津守祐直の
所領
天文23年(1554年)には小早川領
永禄10年(1567年)に
因島村上氏に与えられる
江戸時代は広島藩領



[PR]
by srmurakami | 2018-10-08 22:58 | ブログ | Comments(0)

脅しのような…


「お前も死ぬぞ」

って、脅迫ではありません。

少し前にニュースで話題になったみたいですが、お寺の掲示板に住職が書いて貼った言葉だそうです。

お釈迦さんの教えに「生まれたものが死なないということはあり得ない」という言葉があるそうで、それを直截な言葉で住職が書いたようです。

「外国の言葉を翻訳しました」感が満載な言葉を自らの言葉で住職が書いたのでしょうが、確かに心に更に届く言葉になっていると思います。

いつその時が訪れても良いように「万事」受け入れておこうとこの年になると思うことが多くなりましたが、あと20年は生きるかなと思ってしまうので、もしかしたら明日そうなるかも、とか、1ヶ月後くらいにはそうなるかも、ということがまだまだ考えられません。

「明日死んでもよいように今日を生きよう」という心境がまだまだ身に沁みません。
言葉では理解できますが、こころでは理解できません。
今日は短すぎます。

そう思うのが「未練」なんでしょうが。

悟りを求めるかどうかは人それぞれでしょうが、それを求めようと思っても私はまだまだ無理です(笑

今日はいい日だった、と何があっても毎日思えるようになれるものでしょうか。



[PR]
by srmurakami | 2018-10-06 22:41 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。


by srmurakami