<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

政治的なことは今までも書いたことがないこのブログですが、昨今の政治の動きをみていてどうしても一言。

私はがちがちの財政再建派です。
いったいいつになったら本腰を入れて財政再建をするのかとイライラすることがよくあります。

債務が1500兆になったらやりますかね?
それとも2000兆?(笑

財政再建にはお金が必要です。
ここから問題は簡単な二択です。

まず、
(問1)財政再建に必要なお金は「増税」で賄いますか?それとも「他の予算の削減」でやりますか?
⇒今までの日本の政治を見ていたら、「他の予算の削減」で出来ないでしょ。出来る可能性があるのは「増税」しかないと思います。

(問2)増税するとしたら「景気がいい時」にしますか?それとも「景気が悪い時」にしますか?
⇒当然、「景気がいい時」としか答えようがありません。

(問3)今、財政再建のための増税をしないとすると、今の景気が悪化して、次は「増税ができるほどの景気」はいつきますか?その時に財政再建を始めて間に合いますか?
⇒予測できる人は言ってください(笑。予言の世界になるでしょうけど。
そんなギャンブルみたいなことを政治家の人にはしてもらいたくないものですね。
仮にその時が来たとしても、不景気の時の税収減&予算の拡大のダブルで、どれだけ負債が増えてますかね~。


本来、財政再建に回すと言っていた増税分を他の使い道に回すと言われています。
それは、今の世代の親の負担が軽くなり、将来の子供の負担を増やすことになると民間研究機関も発表しています。(これを信用するとして)
(財政再建に回したとしても焼け石に水くらいなものですよ。それでもやり始めるのとしないのでは全く違うと思います。)

仮に、その様な使い道にした場合、景気が落ちてきたら税収も減るわけで、しかも今回増やした使い道の分が増えた予算になるわけですから、赤字国債で賄わなければならない予算が増えるだけだと、シンプルに考えたら理解できるのですが。

景気が悪くなって税収が減ったからと言って、幼児教育無償化にかかる予算が減るわけではないでしょ。

財政再建の可能性を残すのであれば、今、予算の使い道を増やすならどこかを削ってすべきと私は思います。
そして増税分は可能な限り財政再建に回すべきです。

今の世代の負担を減らすために、将来の世代の負担をふやすべきではない。

なのに、そんなことを国民のためにと言って、今までしてこなかったことをなぜ今する必要があるのかの説明も十分にされないままの状況でやろうとしているように思えます。

今の現役世代の一人として、今までの日本の親がやってきたように現役世代の親には幼児教育無償化なしで頑張ってもらいたい。
今の日本の状況では、まだ頑張れる余地はありませんか?
もっとも、頑張れない社会状況になれば、もっと日本の税収は悪化していて無償化するような財源捻出はもっと難しい課題になるでしょうけど。

どうしても頑張れない人だけ無償化すればよいじゃないか、今までの制度がそんなに悪いのか、と思います。

あくまでも、これは政党の話ではなく、政策の話です。
誤解なきようお願いします。




[PR]
by srmurakami | 2017-10-16 22:56 | ブログ | Comments(0)

久しぶりの広島

昨日の金曜日は昼前から久々に広島に行ってきました。

出不精の私なので、どれくらい来ていなかったのかわからないくらいですが、駅ビルが変わっているのに気づきびっくり(笑

昭和風情の名残があった前の方が私は個人的には好きですけど。

広島に行くのは大概はセミナーの出席のためですが、今回も。

それにしても広島は近いですね。
新幹線で30~40分って、いつも車で岩国に行ってますが、広島駅前ならそれより早いです。

この秋は、色々セミナーにも出ようと予定してます。
今回のセミナーでも話がありましたが、業界を取り巻く環境は確実に変わってきており、5年後、そして10年後への布石を今から手を打っておかないと、10年後になってから考えていては時期を逸してしまうような流れの速さです。

業界の最前線を歩んでいる人たちの話を聞くと、自分も動かないととやる気が出てきます。

たまには外の空気を吸わないと淀むなと実感しました。




[PR]
by srmurakami | 2017-10-14 22:39 | ブログ | Comments(0)
子供のころや若いころは誰しも「自分はやればできる人」と思うものです。

出来ないのは、一生懸命・一所懸命にやっていないからだ、という言い訳とちっぽけなプライドと共に。

しかし、人にもよりますが40歳過ぎたら、それを思うことはなくなってくるはずです。

年を重ねると経験が増え、それに反比例し可能性は減るものですから。

それでも「自分はやればできるんだ」と思っている人は、「やればできる」以前に「やることを始めることすらできない人」であることをいいかげん認めないといけないかなと。


しかし、今でも私は思ってます。

「私はやればできる人なんですよ」って(笑

チャレンジはここから始まりますから。



[PR]
by srmurakami | 2017-10-10 23:52 | ブログ | Comments(0)

一つ上の先輩について

私の生まれた広島県の因島市(現在は、合併して尾道市)出身の芸能人は、わずかですがいます。

昔は東ちづるさんだけ?でしたが、今ではポルノグラフィティのメンバーや、小説家の湊かなえさんなど、あの程度の人口でそこそこ頑張ってるね(笑)って感じです。

でも、小学校上がる前に引越しした私には残念ながら彼ら・彼女らとのつながりは全くありません。

私の一番身近にいた芸能人と言えば、槇原敬之さんですね。
高校の一つ上の先輩です。2年間は同じ高校に通っていたことになります。学区で一番ではないですが、そこそこの進学校だったので、そういう人が出たというのはちょっと驚きでした。

実家は一つ隣の駅前の電気屋だと聞いています。おそらく駅前の実家から駅前の高校へ電車通学していたんでしょうね。
私は自転車通学だったので、残念ですが一緒に電車に乗ることはありませんでした。

槇原さんは、高校在学中から注目されてました。16歳で応募したテープで注目されたみたいです。当時、東京行ってデビューという噂が高校でもかなり話題でした。

でも、実際にデビューと言えるのは少しの後の5年後、21歳で青山学院大学(中退)に通っている時みたいです。

まさか事件を起こすとは思ってませんでしたが、その後復帰されて良かったです。

今でもしばしば曲を聴いて応援もしています。
頑張り続けてもらいたいものです。

槇原さんが歌を歌い続けていることが、私の何か一つの心の支えになってしまってます(笑





[PR]
by srmurakami | 2017-10-04 23:17 | ブログ | Comments(0)

山口市で村上労務経営事務所代表として特定社会保険労務士、行政書士をしております。日々の出来事や社会問題などを主につづりたいと思います。


by srmurakami